注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

元彼に復縁したいと思ってもらう方法とやってはいけない行動

  • 2020年1月6日
  • 2020年5月30日
  • 失恋
  • 17view

大好きな彼との別れはある日、突然やってきます。恋愛は非常に楽しいものではありますが、同時に別れた時の寂しさや悲しさも兼ね備わっている代物でもあります。

 

女性は男性よりもよりを戻すという思考に至らない傾向があるとされています。それでも「復縁したい」「あの頃に戻りたい」と考えてしまう時はあります。

 

本記事では男性に復縁したいと思わせる方法と復縁の際に行なってはいけない行動についてピックアップします。

男女の復縁率はかなり低い

この記事では女性が元彼と復縁する方法を教えるものです。しかし、残念ながら過去に交際していた男女が復縁する確率はとても低いと言われています。

 

復縁してもすぐに別れては意味がありません。復縁したカップルが半年後も交際を続けている確率は20%以下と言われています。つまり、それほどに難しいということになります。

 

裏を返せば20%近くの人は成功させているとも捉えることができます。そのような人たちは何も無しに復縁できたワケではありません。しっかりとした戦略が存在しています。

 

厳しい条件下ではありますが、もう一度幸せを手に入れるためにもしっかりと勉強をしておきましょう。

元彼に復縁したいと思ってもらう方法

復縁したいという想いが日に日に強くなっても、どのようなアクションが正しいのか分からないと考える女性は多いです。そして、何よりも大事なのが元彼に復縁したいと思ってもらえるかが決めてになります。

 

あなたがどれほど復縁したいと考えていても、元彼にその意思がなければ復縁することはできません。ここからは元彼に復縁したいと自発的に思ってもらう方法についてご紹介します。以下の方法を使って、元彼をあなたの存在を認識させましょう。

外見を改める

一度交際していた過去があれば、少なくとも元彼はあなたのことを女性として認識したことになります。そして男性が恋人を選ぶ要素として外見があります。外見を改めることで、女としての価値を元彼に見直してもらうことが目的です

 

人の心理上、見た目から受ける印象はとても大きいです。そのため、容姿を改めることによって元彼があなたに再び恋心を抱く可能性は大いにあります

 

さらに外見を整えることによってあなたの心情も良くなります。元彼と復縁したいのであれば、外見を整えることは重要なファクターであると言えます。

冷却期間を置く

元彼に復縁したいと思ってもらうためには冷却期間が必要であると言えます。冷却期間とは別れてしばらくの期間連絡を一切取らない期間のことを指します。

 

なぜこのような期間が必要かというと、男性が落ち着いて恋愛に向き合うためです。「どちらが別れ話の切り出した」とは関係なく、彼女と別れたことによって男性はプライドが傷つきます。その後、恋愛に対して意固地になってしまいます

 

そのような意固地の状態で復縁の話を持ちかけても、復縁できる可能性は非常に低いです。これらの理由から別れてから少なくても半年間はアクションを起こしてはいけません。

友達になる(戻る)

半年の冷却期間を置いた後、元彼に連絡をする際にいきなり復縁の話を持ちかけてはいけません。冷却期間が過ぎたからといって、すぐにやり直すことができるとは限らないからです。

 

では、どのようなアプローチをかければ良いのでしょうか?それは、友達になるということです。元の関係性によっては友達に戻るとも言います。

この段階を挟むことにより、あなたと元彼との間にある亀裂をどんどんと塞ぐことができます

恋愛の話は避ける

復縁を計るためには友達に戻ることが重要であると前述しました。しかしながら、恋愛の話は避ける方が良いと言われています。恋愛の話をできるだけ避け、日常的な会話を展開するように努めましょう。

 

元彼に復縁の意思が芽生えるまで、元彼の恋愛事情に口出しをしてはいけません。もし、未練が残っていることを元彼が知れば、友達関係すら破綻する可能性がありますさらに連絡手段すら無くなることもあります

 

友達関係すら破綻すると、復縁の可能性は絶望的なものになります。そうならないためにも友達でいる時は仕事や学業、趣味といった日常的な話を展開するようにしましょう。

交際していた時の思い出をさりげなく話す

冷却期間と友達の期間を経て、なおも交友関係が継続できているようであれば次のステップに移るようにしましょう。そのステップとは交際していた時の話を少しだけ混ぜるというアプローチです。

 

この話を切り出した後の元彼の反応であなたが元彼の中でどのような立ち位置にいるかを判断することができます。

 

交際していた時の話を切り出して「少し照れる仕草をする」「会話を濁す」という返答が返って来たら、元彼の中であなたの立ち位置は悪くないものになっていると言えます。反対に「拒否、拒絶」「話と強制的に中断させる」といった言葉が返って来た場合、元彼の中での評価は悪いということになります。もう少し友達の期間が必要であると言えます。

復縁を願う際にとってはいけない行動

復縁したいという想いは誰しもが持つ感情です。そして、復縁するためにアクションや元彼にアプローチを掛けることは意味のある行動であると言えます。

 

また復縁は女性の心で完結するものではないので、元彼に「あなたと復縁したい」という感情を出させることが重要です。ここまでの内容は復縁のために行う行動について取り上げました。

 

ここからは反対に元彼と復縁したい時に行なってはいけない行動について取り上げます。以下の行動を取ってしまうと復縁はほぼ不可能となるので注意をしましょう。

新しい彼氏の存在を匂わせる

元彼の前で新しい彼氏がいることを連想させるような言動は控えるようにしましょう。このような言動は元彼に「俺との関係は完全に終わったんだな」と思われることと同意義です。

 

結果的にゴールとなる復縁の道を自身で閉ざすことになるので、男の存在を匂わせてはいけません。むしろ、男性との交流は最低限なものにし、潔白性のある行動を取りましょう

愚痴を吐く

元彼との会話をする際に愚痴を吐くことはやめましょう。なぜなら、元彼は元の彼女の愚痴を聞きたいとは思っていません。

 

交際していた時は恋人関係にあったので愚痴を聞いていたとしても、以前よりも溝が深まった関係で愚痴を吐くとあなたの印象がより悪くなります。人によってはあなたの愚痴が嫌で別れたということもあります。

 

元彼に愚痴を吐くのは復縁して、少し経つまでしてはいけません。できるだけポジティブな会話を展開し、あなたの印象を良くするようにしましょう。

監視行動

元彼と復縁したいと考えている女性の中にはできるだけ元彼の情報を得たいと考えている人もいます。その考えの元、友人を伝って元彼の情報を集めたり、タイムラインを頻繁に見るといった行動を取る女性がいます。

 

しかしながら、そういった監視行動は元彼の中のあなたの印象をより悪いものにします。これらの行動がバレてしまうと絶縁になる可能性もあります。また、あなたのメンタル面においても良くない方向に効果を発揮します。

 

これらの理由から元彼のことを探ったり、監視するような行動は控えるようにしましょう。元彼の監視に時間を使うのではなく、女性としての価値を高めるような行動を取るようにしましょう。

連絡の頻度はほどほどにする

大好きな元彼と連絡をしたい気持ちはどんな女性でも持ち合わせている感情です。元彼とコミュニケーションが取れると安心する上に、楽しいことではあります。

 

しかし、残念ながらあなたは破綻したカップルであることを認識しなければならないのが現実です。頻繁に連絡を取ると、男性は次第に抵抗感を示すようになります。それがきっかけとなり、復縁の可能性が低くなる場合があります。

 

冷却期間を含め、復縁できるような関係になるまで連絡の頻度はほどほどに済ませましょう。辛いことではありますが、復縁を果たすために我慢しましょう。

元彼と復縁する秘訣は落ち着いた行動

交際の期間等関係なく、元彼のことが忘れられない時はあります。ただし、感情に任せて行動すると復縁の可能性をどんどん低くなります

 

しかし、この記事で紹介したように別れたカップルが復縁する方法は存在しています。人や環境、状況によって復縁できる確率は違いますが、復縁できる可能性はあまり大きくないと言えます。

 

自暴自棄にならず、心を落ち着かせるようにしましょう。元彼と復縁する秘訣はいかに女性が落ち着いて物事を考えられるかに掛かっているといっても過言ではありません。大好きな彼と復縁するためにも冷静に物事を考えるようにしましょう!

 

あなたにおすすめしたい記事!

クロードワーク

「大好きな彼とずっと一緒にいたい」という思いとは反対にカップルが別れることも珍しくありません。なぜ大好きなのに別れる結末…

クロードワーク

有名人や大物芸能人が度々起こす二股騒動。ではなぜ人は二股を起こしてしまうのでしょうか?この記事では「二股をしてしまう人の…

最新情報をチェックしよう!