注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

悪夢ばかり見てしまうのはなぜ?悪夢を見ない方法も紹介

悪夢ばかり見てしまう人は意外と多い

あなたは毎日しっかりと寝ることができていますか?もし

「毎日悪夢を見てしっかりと寝ることができていない」

「悪夢のせいで睡眠の質がとても悪い」

と思っているのであれば、この記事を最後まで読む価値は十分にあると言えます。

 

この記事では悪夢ばかり見る原因やその解決方法について詳しく紹介しています。

悪夢ばかり見る原因

悪夢を見てしまう大きな原因として「体調不良」が原因だと言われています。夢は体調に密接な関係があると言われており、そして睡眠にも大きく関係しています。

 

以下の項目に該当しているのであれば、体調は良くないと言われています。その結果として良い睡眠を取ることができず、結果的に上手く寝付けていないということになります。

ホルモンが乱れている

悪夢を見る原因としてホルモンバランスが崩れていることが理由として挙げられます。

直接的な原因として

栄養が不足している

偏った栄養の摂取をしている

女性なら生理が関係している

などが理由になります。

 

そのためできるだけホルモンバランスが乱れないように生活していくことが大切だと言えます。どうしても自分だけで改善することができないのであれば、医師や薬に頼ることも検討してみましょう。

 

睡眠の質が低い

睡眠の質が悪いと悪夢を見やすいと言われています。そのためできるだけ良い睡眠を取ることによって心地よい睡眠を取ることができます。

 

さらに睡眠には

体内のホルモンを調整する

精神を落ち着かせる

疲労を取る

などの大きなメリットがあります。悪夢を見るということはそれらの睡眠のメリットを得られていないということになります。

二度寝

あなたは早く起きてしまった時に「もう一度寝てしまう」ということをしていませんか?いわゆる「二度寝」です。

 




もう一度寝ることはメリットがある様に感じますが、実はあまり良い行動とは言われていません。

その理由は二度寝というのは最初の睡眠よりも質が大きく低下しています。さらに最初に起きた時よりも大きな気怠さを感じてしまう上に精神状態を悪化させてしまいます。

 

このような理由があるため二度寝は悪い夢を見やすいと言われています。さらに寝起きも悪くなるため二度寝はしないようにしましょう。

刺激の強い食べ物ばかり食べている

あなたは普段の食事でどのようなものを食べていますか?もし刺激が強い食べ物ばかり食べていると悪夢を見やすくなります。

 

辛い食べ物ばかり食べていたり、甘い食べ物ばかり食べているなど偏った食事ばかりしていると

血糖値が上がる

血流が悪くなる

ホルモンが崩れやすくなる

などの大きなデメリットがあります。

 

さらに睡眠中の脳には多くの血液が循環しています。その血液や流れが悪くなることによって嫌な夢を見ることになってしまいます。

疲れている

多くの現代人とストレスは多くの問題を生む原因にもなっており、多くの人が頭を抱えている問題でもあります。

 



会社勤めであれば多くの仕事や人との交流が仕事上で発生します。専業主婦であっても家事や育児などでストレスは溜まります。

 

ストレスをどんどんと溜め込んでしまう結果として精神状態がどんどんと悪くなり、睡眠にも悪い影響を与えてしまうことになります。その結果として悪夢を見ることになってしまいます。

病気の可能性

悪夢を見る原因は日常生活以外にも存在しています。それは病気です。あなたが抱えている病気が結果的に悪夢を見せている可能性は十分にあります。

 

例えとして「フラッシュバック」を紹介します。フラッシュバックとは過去に「怖い」と体験したことを突発的に思い出すことを言います。この症状は睡眠中にも起こることなので、あなたに悪夢を見せている原因にもなっている可能性があります。

 

他にも病気が関係して上手に眠ることができないことも関係しています。この様に悪夢と病気の関係は非常に深いのです。

アルコールやカフェインの過剰摂取

アルコールやカフェインを過剰に摂取することは睡眠の低下に直結します。その理由はアルコールやカフェインには脳を活性化させる成分が入っているので睡眠の障害になります。過剰に摂取すれば体調面でも悪くなってしまうこともあります。

 

さらに摂取した時間や体質によっては寝ている最中にいきなり成分が作用してしまう時もあります。この様な状態になると「体は寝ているのに脳は起きている」ということになります。

 



この体の脳の間に起こる乖離によって精神状態の処理が追いつかなくなり、結果的にあなたを悪夢を見せる原因となることになります。

悪夢ばかり見てしまうときの対処法

嫌な夢ばかり見てしまうことは誰にでもあります。そして悪夢を見てしまう原因についても1つ前の項目で紹介いたしました。

 

しかし、悪夢ばかりみてしまうことはとてもストレスになりますし、心も疲れてしまいます。よって悪夢ばかりみてしまうのであればしっかりと対処することが重要であると言えます。

 

ここから悪夢ばかり見てしまう時の対処法についてご紹介いたします。

ストレス発散をする

日々の日常の中でどうしてもストレスが溜まってしまう時は誰にでもあります。しかし、そのストレスを溜めた状態で睡眠をとってしまうと悪夢を見やすくなってしまいます。

 

その様なことにならないためにもしっかりとストレス発散を行う必要があります。また今まで行なっていたストレス発散で満足できないようになったのであれば新しい趣味を探してみることも大切だと言えます。

 

ストレスを発散させることは悪夢を見なくなるだけでなく、あなたの人生も豊かにしてくれます。ストレスを発散させる時はしっかとストレスを発散させるようにしましょう。

睡眠の質を上げる

睡眠の質を上げることで悪夢を見ることなく快適な睡眠を取ることができます。嫌な夢ばかり見てしまう人の多くは睡眠の質が良くなっていないことが脳科学で証明されています。

 


このことから睡眠の質を上げることで悪夢を見る日々から抜け出せるということになります。また嫌な夢を見た時に感じてしまう「疲労感」や「やる気が出ない」などの問題も同時に克服されます。

 

これらのことから睡眠の質を上げることがいかに重要であるかを理解していただけたと思います。

具体的な方法として

寝る前に水を飲む

自分の体に合った枕を選ぶ

足を冷やさないように寝る

などの方法で睡眠の質を上げることができます。

副交感神経を活性化する

気持ちが高ぶっている時は体にある交感神経が刺激されている状態です。交感神経が刺激され、高ぶっている状態は神経が活性化している状態なので眠ることは難しい状態になっています。

 

その交感神経と対になっているのが「副交感神経」であり、この副交感神経が刺激されることでリラックスすることができるようになります。心が落ち着いた状態になるため、結果的に良い睡眠を取ることができます。

 

副交感神経を刺激する方法として

深呼吸をする

ヨガをする

瞑想をする

などがあります。どれもとても効果的な方法なので実践をしてみる価値は十分にあると言えます。

眠くなってから寝る

あなたは睡眠時間をしっかりと決めている生活をしていますか?規則正しい生活を送ることは大切ですが、その生活を送っていると眠くない時に寝る必要が出てきます。ですが、眠くない時に寝るという行動は睡眠の質を低下させてしまうことになります。

 

人が最も深く眠れるレム睡眠には個人差があるもののある程度決まっています。そのタイミングを測って睡眠を取らないとしっかりと眠ることはできません。

 

そしてレム睡眠に入る時間は体が示してくれます。それは「眠い時」です。よって

「寝る時間だから寝る」

のではなく

「眠くなったから寝る」

というのが正しい睡眠方法です。

寝る前にスマホやテレビを見ない

現代の私たちにとってスマホはとても重要な物です。ですが、できるだけ寝る前にスマホを使うことは止めましょう。なぜなら、スマホからはブルーライトが発せられており、睡眠の妨害に直結するからです。

 



ブルーライトを浴びたらどうなるのかというと、ブルーライトを浴びると脳が覚醒してしまい、結果的に深く寝ることができなくなってしまいます。

 

ここまで解説した通り、睡眠の質が低いと悪夢を見てしまうことになります。そのため就寝前にはスマホを触らない習慣を身につけるようにしましょう。

悪夢ばかり見てしまう時のスピリチュアル的な意味

 

悪夢を見てしまうのには理由があると言われています。夢には不思議な効果・作用を持っているとされており、科学では証明できないことも度々起こっています。

 

ここからは悪夢ばかり見てしまう時のスピリチュアルな意味合いについてご紹介していきます。悪夢には以下のような意味合いがあると言われています。

夢を見るメカニズムとは?

まず人が夢を見る理由として「脳の情報処理」が関係していると言われています。人は起きている間に膨大な情報を取り入れており、睡眠は取り入れた膨大な情報を整理することが役割の1つとされています。

 

また夢には「あなたの妄想や想像を情報として整理する」という役割もあります。これは「宝くじが当たったらどうしよう」というあなたの妄想を脳が「今日、宝くじに関する妄想を行なった」「使い道についてそうぞうをした」などの情報を記憶しているのです。

 



またテレビやゲーム、映画で見たものや外出先で体験したことを「経験として覚えておこう」と脳が判断し記憶しています。夢はその情報処理の一部もしくは全部を夢という形で見てしまっていることが原因と考えられています。

夢を見る理由は?

夢を見る理由については様々な研究や論文が発表されていますが、今だに結論は出ていません。しかし、夢を通じて脳が体に記憶させているというのが有力な説とされています。

 

あなたが好きな異性と交際する

大金持ちになる

といった夢は脳があなたのを通じて「あなたが本当に目指しているものを伝えている」と言われています。

 

また

危険な場面に遭遇する

怖い人を怒らせてしまった

などの怖い夢は「実際にそのような場面と遭遇したらどうするべきなのか」という対処法を体に教えている状態になります。つまり危険を警告してくれているのです。

 

悪夢が続いてしまう理由は?

悪夢を毎日のように見てしまう原因とはなんでしょうか?その理由として

何か大きなストレスを抱えている

精神的に心が苦しくなっている

自分で何かの失敗をしてしまった時

心が深く傷ついている

という理由が挙げられます。それらのストレスが就寝の間に脳が何かを見せているということになります。

 

何かしら悪夢を見てしまう原因を取り除かない限り、ずっと悪夢に悩まされることになるため今の生活を大きく変える必要があると言えます。

例えば

休暇を取ってリフレッシュしてみる

実家に帰って懐かしい気持ちに浸る

住む場所を変えてみる

転職してみる

などがあります。一見リスクもあるように見えますが、今の現状を続けても疲弊するだけなので、一度大きく生活環境を変えてみませんか?




 

悪夢ばかり見てしまう本当の意味【行動】

夢の中であなたが何かしらの行動をしている状態の夢を見ませんか?本来であれば遭遇しないような場面を夢を見ることはありませんか?

 

ここからは夢で起こしている行動がどのような意味があるのかをご紹介します。

人を殺す夢

あなたが他の人を殺す・殺そうとする夢は強いストレスを感じてると言われています。手にかけている人に対して強い憎しみや怒りを持っているので、殺害しようとする夢を見てしまうのです。

 

またあなたがその人物に対してそこまで怒りを覚えていなかったとしても無自覚で強い憎しみを抱えている可能性があります。そのような時は強いストレスが心の底にあるという証拠になります。

誰かに追いかけられている夢

逃げているあなたに対して何かが追いかけて来るという夢は精神的に追い詰められている状態であることを意味しています。そして、その多くは時間やお金が問題の根源と言われています。

 

しかし、この夢を見てしまうということはあなたが心の憶測で抱えている問題を表しているので逃げ切ることができれば悩みから解放されたということになります。

 

反対に捕まってしまった時はストレスや障害から逃げ切ることができなかったことを意味しています。

振られる夢

振られる夢を見るということは「あなたが自分自身に自信を持てなくなってしまった」という意味合いが強いと言われています。

 

つまり恋愛面では積極性がないことの証明でもあり、自信の無さに落ち込んでいる現状を示しているということでもあります。

喧嘩をする夢

喧嘩をする夢は喧嘩をする相手によって大きく意味合いが変わります。総じて大きな束縛感や葛藤、抑圧を心のどこかで感じてしまっている証拠でもあります。そして、喧嘩をする夢というのは、そこから抜け出したいという意味合いがとても強いと言われています。

 

ただし、喧嘩をしている夢は一見嫌な意味を持っていると思われがちですが、そのようなことはありません。夢占いでは喧嘩をする夢は「近々、あなたが抱えている問題が解決する」という意味合いがあると言われています。よって、喧嘩をする夢を見ているということは良い兆候だと言えるのです。

悪夢ばかりみてしまう本当の意味【状態】

1つ前の項目で「夢の中での行動が意味していること」について紹介してきました。ここからは「夢の中でも状態」について紹介していきたいと思います。夢の中であなたが以下のような状態であれば、それに対応する意味合いが込められています。

 

また夢の中でもあなたの心理状態・精神状態の表れでもあるため、あなたの心の奥底に秘めている心境が一番表に出る時でもあります。

泣いている夢

あなたが泣いている場面が夢として出てきた場合、それはあなたの心が「孤独」や「寂しさ」を感じていると言われています。つまり、それらの感情にあなたが苦しんでいるという心の表れが夢になって出てきています。

 

他にも自分の人生に楽しさを見出せない時や仕事ばかりで自分の心の余裕を保てない時にこのような夢を見るとされています。

 



この問題の解決策として「友達や同僚に相談する」「恋人を作り、長い時間を共にできるパートナーを見つける」などの人間関係の問題で解決することが可能になります。

病気にかかっている夢

病気になる夢を見てしまった時は「あなたの心のどこかで大きなストレスを感じている時」「あなたの感情を押し殺している」といった状態の時に見ると言われています。これらの疲労から病気になる夢を見てしまうことがあります。

 

特に「死病」や「ガン」などの治療できないような夢見た時はこの兆候が非常に強いとされています。夢占いでは重い病気を抱えている夢をみるほどストレスが溜まっているということになります。

死ぬ夢

自分が死んでしまう夢はとても不吉な予兆に感じてしまうかもしれません。しかし、自分が死ぬ夢は夢占いにおいては良い予兆とされています。その理由は「死ぬ夢は新しい自分への転換期」とされているからです。

 

あなたが「自分の心に強い決心を決めた時」や「決意を決めた時」に自分が死んでしまう夢を見てしまうことも珍しくないようです。あなたが成長するための良い予兆なのです。

怒っている夢

「怒っている夢」は自分の尊厳やプライドが傷つけられた時に見てしまうと言われています。これはプライドが傷つけられて、その怒りが心に残ったまま睡眠に付いたという状態です。

 

この夢は「感情が表に出すことが苦手な人」「プライドが高く、他人に見下されたくない人」が見やすいと言われています。

 

解決方法は簡単でプライドを傷つけられた時にしっかりと怒ることであなたがストレスを抱えないようにしましょう。それであなたがストレスを溜めることが無くなります。

悪夢障害について

ここまで悪夢を見た時に原因や対処法についてご紹介しました。

 

 

しかし悪夢を見てしまう原因として精神状態が関係している「悪夢障害」が問題を引き起こしている可能性があります。ここからは悪夢障害についてご紹介します。

悪夢障害とは

頻繁に悪夢を見ているのであれば「悪夢障害」という症状を起こしている場合があります。それはストレスや昔に体験した恐怖の記憶が引き金となっているからです。

 

 

有名な病気として「PTSD」という精神病があります。このように病気が関係して怖い夢を見ることになるようになります。どうしても悪夢を見てしまうようであれば、一度病院や専門医に訪問してみることをおすすめします。

 

睡眠の質を上げる方法

ここまでの記事の内容で悪夢を見ないために睡眠の質を上げることが大切であると言われています。「たかが夢でしょ?」と思うかもしれませんが、その悪夢のせいで睡眠の質が低下すると結果的にあなたの日常にも支障を来す可能性があるのです。

 




ここからは睡眠の質を上げる方法について紹介します。ここで紹介する方法は睡眠の質を上げるだけでなく、目覚めの良さにも効果があるので実践してみる価値は十分にあります。

適度に体を動かす

適度に体を動かすことは睡眠の質を向上させる方法としてとても効果的です。なぜなら、適度な運動は疲労と血流の流れを向上させ、代謝を上げるからです。

 

肥満予防や肌質の向上、老廃物の削除などの恩恵もあるため一番オススメの方法です。適度な運動というのは体が少し疲れる程度の運動を心がけましょう。体が慣れてきたら、徐々に運動量を増やすようにしていきましょう。

温かい飲み物を飲む

上質な睡眠を取るためには副交感神経を刺激することがとても効果的です。そして、その方法として睡眠前に温かい飲み物を飲む方法が効果的です。熱くても、冷たくても効果はありません。

 

では適切な温度はどれくらいなのでしょうか?温かい飲み物で副交感神経を刺激する場合、体温よりも少し温かいくらいの温度が最適と言われており、温度にすると45度程度が体が温まる温度だと言われています。

 

ちなみに温度が低すぎると副交感神経が刺激されず、熱すぎると交感神経が刺激されてしまいます。睡眠前には体がほっこりする程度の温かい飲み物を飲むようにしましょう。

ぬるいお湯で20分以上入浴する

上質な睡眠を取るためには「ぬるいお湯に入ること」もおすすめの方法です。なぜなら、ぬるいお湯に20分以上浸かることによって副交感神経が刺激されるからです。

 

ぬるいお湯に入って20分以上じっくりと入浴することで副交感神経を刺激することができます。温度として33度くらいに設定することをおすすめします。脳と体を落ち着かせるためにもこの方法を活用しましょう。

音楽を聴く

睡眠の質を上げる方法として音楽を聴くことも有効とされています。この方法はベッドに入った状態で音楽を聴きながら目を閉じるという方法です。

 

ただし、この方法は効果がある人と効果のない人にはっきりと別れます。人によっては無音・暗闇の状態でないと寝ることができない人もいるからです。

 

また「落ち着く音楽のジャンル」も人によって違うため工夫が必要となる方法になります。

自分に合う寝具を購入する

あなたはどんな寝具を使って普段の睡眠を取っていますか?睡眠は人生の1/3を占めると言われるほど膨大な時間を取っています。

 


そのため安物であなたの体にフィットしていない寝具を使用することは今すぐにやめましょう。また高価な寝具だから良いということではなく、あなたの体にぴったり合うものを購入するようにしましょう。

 

販売店によってはあなたに合った寝具を調べてくれるお店もあります。オーダーメイドで購入することも可能です。悪夢を見ないためにも一度、寝具を買い換えてみませんか?

ストレスフリーになることが大切

毎日悪夢を見ることに頭を抱えているのであれば最も大切なことはストレスフリーになることと言えます。

 

悪夢は睡眠に関係しているので、できるだけストレスがない生活を送ることを意識することが大切なのです。また睡眠の質を上げることも大切になるので、できるだけ良い睡眠を取れる様に心がけましょう!

 

悪夢を見ることがなくなるだけで、あなたの日々の生活はもっと楽しいものに変わります!早い時期から悪夢から解放されるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!