注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

【必見】早く寝たいのに眠れない!眠い時にスッと眠ることができる方法まとめ!

あなた
明日仕事で早く会社に行かないといけないのに全然寝付ける気がしない…。寝ないといけないのに、いつもベッドの中で目を開いちゃってるよ…。どうすればすぐに寝付けるようになるの?
あなたはこの様なことで悩んでいませんか?
実はベッドの中に入っているのにも関わらずすぐに眠ることができないことを悩んでいる人は多く、現代病の一つとしてカウントされることも少なくありません。
この記事ではベッドに入ってもすぐに眠れない原因やすぐに寝るための方法、睡眠がどれほど大切なのかについてご紹介していきます。

眠たいのに眠れない!

人は多くの時間を睡眠に費やしており「人生の3分の1の時間は寝ている」と言われるほどです。また人間が持つ3大欲求の中で一番大切なのが睡眠欲とも言われています。

 

ですが人によってはすぐに眠ることができない人や睡眠の質が悪い人、なかなか眠ることができずベッドの中でずーっと蹲っている人など自分の睡眠に問題を抱えている人もたくさんいます。この記事では「すぐに眠ることができない原因」や「対処法」、「そもそもなぜ人は眠らないといけないのか」など睡眠に関係するあれこれを解説していきます。

 

あなたが気持ちよく眠れるために最後まで読んでいただけると嬉しいです。

寝たいのにすぐに眠ることができない原因とは?

あなたはベッドに入ってもすぐに眠ることができず「早く寝ないといけなのに、全然眠れない!」とモヤモヤした気持ちを感じたことはありませんか?

 

実は日本人は他の先進国と比べても睡眠時間が短く、ある調査では多くの国が平均7時間以上の睡眠を取っているにも関わらず日本人は6時間弱しか睡眠を取っていないということが判明しています。そして、その睡眠不足が関係して鬱や体調不良や精神疾患などの重度の病気を起こすきっかけになってしまうことも珍しくありません。

 

ここからはなかなか眠ることができない人に多い原因について解説していきます。

生活習慣

あなたは眠ることができない原因は生活習慣に問題があるかもしれません。といっても体に悪い生活習慣をやってしまっている人は多く、どれが悪いことなのかすら分からないのかすら分からないという人も多いです。

 

この記事を読んでいる時点であなたは眠れていない」という不調があることは判明しています。ですがそれ以外にも体調不良もありませんか?

例として

肥満体型

肌の調子が悪い

栄養のある食事をしていない

喫煙・飲酒が大好き

などが該当します。

 

もし上記で書いたことが当てはまっているのであれば一度しっかりと生活習慣を考えてみる必要があるとも言えます。

不安やストレス

あなたは何かしらの大きな不安を抱えていませんか?不安やストレスが関係してしっかりと眠ることができない人は多くいます。もしそれが原因で気持ち良く眠ることができるなら解決してみる価値は十分にあると言えます。

 

ですが昨今はたくさんの不安要素がたくさんあります。仕事や学業、成績や病気など不安要素はたくさんあるでしょう。すべてを解決することはできなくても何個かの不安要素をより除くようにできるように心がけてみましょう。

睡眠前のカフェイン摂取

多くの方がコーヒーやカフェオレ、お茶やエナジードリンクなどの飲み物を飲みつつ仕事に励んでいます。ですが、いずれの飲み物にもカフェインが入っており、寝る少し前に飲んでしまうと頭が活性化し眠ることができなくなってしまいます。

 

特にコーヒーとエナジードリンクに入っているカフェイン量はとても多く過剰に摂取したことによる健康被害もたくさん報告されています。また一見お茶にはカフェインが入っていないようにも思えますが、緑茶やほうじ茶にはそこそこの量のカフェインが入っています。気にせずにたくさん飲んでしまうと結果的に大量のカフェインを摂取したことになります。

 

就寝する2時間前にはカフェインが含まれている飲み物の摂取は控えるようにしましょう。できればミネラルウォーターやカフェインが少ない麦茶などがおすすめです。

スマホやテレビの見過ぎ

あなたは寝る前にスマホやテレビを見たりしていませんか?スマホやテレビの画面からはブルーライトと呼ばれる光が出ており、就寝前にそれを見てしまうと脳が活性化してしまいます。

 

起きた時に「体がすぐに動かない」「体がだるい」といった症状に多いのがこのブルーライトによる影響です。ブルーライトを浴びた状態で眠ると「体は疲れているのに脳は起きている」という体と脳に大きな差異が出てしまい、しっかりと休むことができなくなってしまいます。

 

寝る1時間前にはスマホやテレビを見るのはやめるようにしましょう。緊急の連絡以外は明日の朝に回し、みたいテレビも録画しておきましょう。最近では動画配信サイトも多数あるので後から見ることは難しいことではありません。

運動不足

眠ることができない理由として「運動不足」が原因かもしれません。その理由として運動をしていないために体が疲れていないということからです。ここであなたは「仕事したら疲れるじゃん」と思うかもしれません。ですがそれは精神的な疲れや脳の疲れているだけで体自体は疲れていません。よって体は「睡眠を取る必要がない」と判断して脳に伝えてしまいます。

 

脳と体は密接な関係にあります。なので私は頭脳労働専門だから体は動かさないというようなスタンスは止めて、少しでもいいので運動しておきましょう。ちょっとした運動で快適な睡眠を得ることができるかもしれません。

眠れない時にすぐに眠れる方法

ここからは眠れない時にすぐに眠れる方法について紹介していきます。あなたがすぐに寝ることができない原因があるように眠れない時にすぐに眠る方法というのも存在しています。

 

もし眠れなくて困っているのであれば以下の方法を試してみてください。それだけでしっかりと眠ることが出来るはずです。また1つの方法がダメだったからと言って、諦めずに違う方法も試してみてください。気持ち良く眠るためにちょっとだけ頑張ってみませんか?

眠れる環境をしっかりと作る

はじめに眠れる環境作りをしっかりと行う必要性があります。そもそも眠るための環境作りとはなんなのかというと「脳・体・メンタルの全部がしっかりと休まる場所」のことを指します。そしてそのいずれもベッド周りに関係しており、ある程度のお金を費やせば最高の睡眠を取り入れることができます。

 

ベッドにあまりお金を掛けたくないという気持ちは分かりますが、最初の自己投資にベッドを選ぶ起業家は多かったそうです。つまり一時的に貯金は減るかもしれませんが、そのリターンとして社会的な成功や名誉、お金、健康などを手に入れることができるのです。そう考えると初期投資としてベッドにお金を使うという選択肢を選んでも良いはずです。

 

最近はどこの家具屋でも破格の安さで質の良いベッドを購入することができます。またあなたの寝た時の首の高さや背中の曲がり具合を計測し、あなたに合わせたベッドを選んでくれる会社も増えてきました。しっかりとした睡眠を取るために一度ベッド周りの環境を整えてみませんか?

ルーティンをしっかりと決める

あなたは寝る前のルーティンを意識したことはありますか?寝る前にしっかりと睡眠に適したルーティンを行うことでしっかりとした睡眠を取ることができることが科学的にも分かっています。特に重要と言われているのが

就寝時間の固定

体温の調整

の2つです。

 

就寝時間の固定というのは毎日何時に寝るのかをしっかりと決めておくということです。しっかりと就寝時間を決めておくことによって体内時計がしっかりと固定され、しっかりと眠ることができるようになります。

 

また体温の調整もお風呂で調節することができるようになります。ほんのり温かい程度の体温を保つことを意識するようにしましょう。もし温まり過ぎて暑い場合は「水を飲む」「少しだけ風に当たる」などして体温を下げるようにしましょう。お風呂上がりにアイスを食べるととても美味しく感じることができますが、体温の急変化に交感神経が反応してしまい結果的に眠れなくなってしまうため、お風呂上がりにアイスを食べることはおすすめしません。

リラックスする

しっかりと眠るためにはリラックスすることもとても大切です。リラックスというのは心が穏やかな状態で気持ちが軽い状態を指しています。多くの方はマッサージを受けている時や温泉に入っている時にこれらのリラックス効果が得られると言われています。

 

リラックスするための方法はいくつも存在していますが、ここでは眠る時にリラックスできる姿勢についてご紹介します。あなたは眠る時にどのような姿勢で眠っていますか?「姿勢だけじゃそんなに変わらないでしょ?」と考えてしまうかもしれませんが、姿勢は血流の流れを変えたり体にかかる負荷が決まる重要なものでもあります。

 

眠るときの研究はたくさん行われいますが、一番おすすめの姿勢は「大の字」です。ただし両手両足はそれほど広げなくても良いです。大の字の姿勢で眠ることによって偏りなく体重がかかる上に血流が良くなり、さらに肩や腰といった部位に負荷がかかりません。起床時の気持ち良さも抜群なオススメの寝る姿勢です。

アロマを使ってみる

もし深く眠ることができないのであればアロマを使って、寝室をいい香りで満たしてからベッドに入るという方法も効果的です。「部屋の匂いと睡眠って関係あるの?」と疑問に感じるかもしれませんが、大いに関係あります。

 

ある研究ではタバコの匂いが充満した部屋や不衛生な部屋で眠ると睡眠の質が低下し、悪夢を見たり寝心地が悪くなることが判明しています。さらに人間の嗅覚は刺激されると無意識に脳が活性化されてしまうため部屋の匂いと睡眠は意外と深い関係性があります。

 

アロマの香りは人によってどの匂いが良いのかの違いはありますが、お店で購入する際に「これいいかも」と思ったものでOKです。アロマは睡眠グッズの1つとして見ている人が少なくないものアロマを焚くことで心地良く眠ることができるからだったりします。

 

しっかりと眠るために行うべきこと

上記では眠るための方法について紹介してきましたが、ここからはしっかりと眠るために日頃からできることについてご紹介していきます。

 

ここから紹介するのは1日の中で眠るための準備についてです。余談ですが多くの社会的な成功者は自分たちの睡眠をしっかりと考えていることが大半で「良く寝るために一日を費やしている」と言っても過言ではありません。そしてここから紹介するのは多くの成功者が自分の睡眠のために行っている気持ち良く寝るための方法です。

 

彼らは以下のことを行っているからこそしっかりと眠ることができているとも言えます。あなたも真似をしてみるだけで睡眠の質がグッと良くなるかもしれません。

太陽の光をしっかりと浴びる

あなたは昼夜逆転した生活や暗い部屋に引きこもるような生活を送っていたりしていませんか?そのような太陽の光を浴びない生活を過ごしているとしっかりと眠ることができなくなってしまいます。なぜなら人の体は太陽の光を浴びて体内時計や体調を調整するようにできているからです。

 

さらにそのような生活が生活習慣病に直結することも珍しくありません。実際に昼夜逆転している人の多くは何かしらの疾患を抱えていると言われているほどです。

 

これらのことからしっかりと眠るためにも太陽の光に当たる時間をしっかりと作ることをおすすめします。

食事を見直してみる

良い睡眠は良い食事からと言われるほど食事も大切な要素になります。あなたは食事をする際に栄養価を二の次に、早くて安いハンバーガーやインスタント食品ばかり口にしていませんか?もしそれらの食品を週に3回以上も食べているのであれば改善することを強くおすすめします。

 

栄養価のない食事ばかり取っていると体に栄養が供給することができない上に消化も悪くなります。さらに胸焼けや起きた時の疲労感にも関係してくるので野菜やスムージーなどのしっかりと栄養のあるものを口にするようにしましょう。

 

特にコンビニのお惣菜やお弁当は一見栄養バランスがしっかりと保たれているように見えても、多くの防腐剤や人工着色料、人工甘味料が入っており健康的とは言い難い食べ物になっています。出来る限り自炊することをおすすめします。

適度な運動を取り入れる

最後に多くの成功者やお金持ちの方々は必ずと言っていいほどに適度な運動をしていることが多いです。運動内容は人によって異なりますが、一般的には20分程度のウォーキングでもOKと言われています。むしろハードな筋トレは体に大きな負荷を掛けることになるので、しっかりと眠りたいことが目標であれば運動量的にはウォーキングで十分です。

 

オススメとしては朝日を浴びながら近所を散歩することがおすすめです。これだけで日中は活発的になり、夜には疲れてしっかりと眠ることができます。

しっかりと眠ることのメリットとは?

ここまでの内容で睡眠に関するあらゆることについて紹介してきました。上質な睡眠を取るためには様々な方法があり、あなたに合った方法を実践すればしっかりと眠ることができます。

 

ですが、ここで疑問になるのが「なぜ寝ないといけないのか?」という疑問です。人が寝るのは当たり前のことですが、しっかりと寝ることには大きなメリットがあるからです。ここからはしっかりと眠ることのメリットについて紹介します。

体調の7割は睡眠で決まる

しっかりと睡眠を取ることで体調を整えることができるようになります。もしあなたが「疲れがとれない」「最近、過食・少食気味だなぁ」「最近寒けがする」などの場合は睡眠の時間が足りないか睡眠の質が低いかのどちらかである可能性があります。

 

実際に体調の7割は睡眠で決まると語る人もおり、いかに寝ることが大切なのかが分かると思います。また社会人であれば「最大の仕事は寝ること」と言う人もいるほどです。もし眠くなるような時があれば早く眠ることをおすすめします。

頭が常にさっぱりし、1日の質が大きく上がる

しっかりと眠ることで頭が常にサッパリとしたクリアな状態になるので勉強や仕事にめちゃくちゃ集中出来るようになります。その他にも眠ることで体内時間がしっかりと調整されるので、一日の体感時間が長くなり、不健康な状態な状態よりも一日に使える時間は長くなるはずです。

 

もし「何かしらの成果を出したい」「もっと使える時間を増やしたい」と考えているのであれば、あえてしっかりと眠ることで質の高い1日を過ごすことができます。

活発的になる

先述した通りしっかりと眠ることで一日の体感時間は長くなります。すると使える時間が以前と比べて増えるので「どうせならあれもやってみよう!」とどんどんと活発的に行動することができるようになります。しかもしっかりと眠ることで活発的に活動することが出来るエネルギーのでより多くの活動に対して活発的に動けるはずです。

睡眠を十分にとって充実した毎日を過ごそう!

もしあなたが眠ることができていないのであればしっかりと眠るようになる方法を模索することをおすすめします。というのもしっかりと眠ることで得られるメリットがたくさんあるので寝ることができないのであればこの記事で紹介した方法を試してみてください。それでも改善しない場合は専門機関や医療機関を訪れることをおすすめします。

 

しっかりと眠ることはあなたに多くのメリットがあるためしっかりと寝て充実した毎日を過ごしませんか?

最新情報をチェックしよう!