注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

職場での恋愛はバレバレ?男女別バレバレな行動やバレてしまう原因とは?

あなた
職場に好きな人がいるんだけど、意外とバレてたりするのかな?できることなら付き合いたいけど、職場で恋愛関係を築くと家でも仕事の話が出たりするらしいし、同僚や先輩からチクチク小言を言われるのは嫌だなぁ…。実際職場恋愛ってバレバレだったりするのかな?
あなたはこのように「職場での恋愛」について悩んでいませんか?
仕事場というのは意外と多くの人が行き来する場所でもあるため、会社の人数や雰囲気によっては恋愛関係に発展してしまうことも珍しくありません。そしてそこで気になるのが、周囲の人にバレているのか?という点です。
このページでは職場恋愛はバレバレなのか?バレてしまう原因とは?好きな気持ちは隠した方が良いのか?これらの点についてお伝えします。

職場内恋愛はすぐにバレる

あなたは過去に職場恋愛をして思いの外すぐにバレてしまったり、バレると面倒が起きるからと言ってこっそり交際していた経験はありますか?他にも信頼していた同僚に交際していることを話した次の日には社内に知れ渡っていたなんて経験はありませんか?
職場というのは基本的に仕事を行う場所だったり作業をするための場所ではありますが、同じ人と顔をずっと合わせている時間も長く、接点を持つと恋愛に発展することも珍しくありません。このページでは職場内恋愛がいかにしてバレてしまうのかについて解説していきます。

職場内恋愛がすぐにバレてしまう原因とは?

はじめに職場内恋愛がすぐにバレてしまう原因について解説していきます。基本的に職場内恋愛というのはバレやすい傾向にあります。

 

というのも毎日同じ人達と顔を合わせているとちょっとした違いや声色の違いなどのちょっとした要素から「この人なんか良いことあったんだ」ということが分かってしまいます。また誰かに打ち明けてしまうと、一気に知れ渡ってしまうこともしばしば。

 

ですができるだけ隠しているつもりだったり、誰にも言っていなくても職場内に知れ渡ってしまうこともあります。この項目では、交際していることがバレるきっかけになりやすいことを3つほど紹介します。

飲み会の席でいつも隣にいる

社会人になれば一定回数で飲み会に参加しなければならないことがあります。そんな飲み会の席でいつも隣に座っている男女がいれば「あーあの人達交際しているんだぁ」となんとなく察してしまいます。また実際に交際していなかったとしても、どちらかが好意を持っていると思われます。

 

職場内でいつも隣にいるからとついつい飲み会の席でも一緒の席に座ってしまうとそれだけでバレてしまうことでしょう。ちょっとしたさりげない行動でもバレてしまうことは珍しくないんです。

一緒に出勤・退勤している

他に交際していることがバレるような要因として一緒に出勤・退勤していることです。一緒に出勤・退勤している様子を見てしまえば「あの人達、付き合っているのかな」と思われても仕方ありません。基本的に多くの人にとって職場内の人間関係は職場内にとどめておきたいものであり、プライベートの時間を割いてでも会いたいと考えるのはよほど仲の良い人達でない限りありえません。

 

そのような状況下で一緒に出勤退勤している男女がいれば必然的に交際していると思われても仕方ないことと言えるでしょう。基本的に仕事が終わる時間は人によって異なるので、どちらか一方がもう一人の人物の終業時間まで待っていることは、それだけ仲の良さを証明していることでもあります。

 

職場内でバレなかったとしても休日のデート中にたまたま職場内の人と遭遇してしまうなどの事例もあります。

「ちゃん付け」など呼び方が親しい

「ちゃん付け」で呼んでいる、もしくは呼び合っている関係であれば親しい関係を疑われてしまいます。他にも「〇〇くん」「〇〇ちゃん」と呼び合っているだけで他の人と違うことは明白です。
二人にしか分からないあだ名なども社内恋愛がバレる原因となることも。急に親密になった二人を見れば、鈍感な人や関心のない人じゃない限り何かあったと疑うのも当然のことです。

好意があるだけで職場内にバレることも

ここまで職場内の恋愛関係がバレてしまうような要因について解説していきましたが、実は好意を持っているだけでばれてしまうことも珍しくありません。しかも、上記で説明したような行動をしていなくてもバレることもしばしば。

 

ここからは好意があるだけで職場内の人たちにバレる原因について解説していきます。

会社にいる人数が少ない

これは会社内にいる人数が少ない場合に起こりうることですが、社内にいる人数が少なければ少ないほど、バレてしまう確率が高くなると言われています。というのも会社内にいる人数が少なければ少ないほど、より濃密な関係になりがちです。

 

その上「ちょっと前とではあの人との接し方違うな」などのちょっとした人との接し方にも気が付きやすくなりやすいです。人が少ないとこっそり付き合うという方法が通用しなくなる可能性が一気に高くなります。

経験豊富な既婚者が多い

社風や属している社員達のそれまでの人生にもよってバレてしまう可能性があります。つまり一緒に働いている人たちが恋愛経験豊富な方がいればちょっとした視線の動きや声色の違い、話し方、接し方などから好意がバレてしまう可能性は十分にあります。

 

また会社には様々な年齢層の人物が共に働いていることが多いので、中には既婚者の方がいるということも珍しくありません。自分では必死に隠しているつもりでも親が自分の子供の初恋に気がつくように、社員同士の恋愛にも気がついてしまうのです。

好意がバレバレな行動【女性の場合】

好意がバレバレな行動は男女に違いがあるものの、バレてしまう要因としてしっかりとあります。女性の方が社内で気になる男性がいて、どうにか気持ちを隠しているつもりでも、実際には周囲にはバレてしまっているなんてことは珍しくありません。

 

ここからは好意がバレバレな女性社員の行動について紹介していきます。

声のトーンが違ったり、甘い声になる

バレる原因になり得る要因として声がポイントになります。女性は「気になっている男性」と「気にも留めていない男性」とでは声のトーンやテンション、甘い声など様々な違いが明らかにあります。明らかに同僚の話し方とは違い、まるで彼氏と話しているかのような様子を見せてしまっていると女性でもバレてしまっている可能性があります。

 

もし会社内にバレたくないと考えているのであれば声は一番に注意しなければならない要素の1つと言えるでしょう。それほどまでに女性の声というは会社内での恋愛関係を浮き彫りにしてしまう要因になるものなのです。

 

ただ急に距離を取ったり、話す頻度がガクッと下がってしまうと何かトラブルがあったと悪い方向に思われてしまうのでちょっとずつ距離を置くことをおすすめします。

意中の男性がいる時といない時のテンションが大きく違う

女性は意中の男性がいる時といない時ではテンションが大きく違うことは有名な話で、男性でも知っていたり、体験していることでもあります。それが職場内であれば尚更バレる要因に直結することもあります。

 

例えばプロジェクトチームが発表された時に「〇〇くんもいるんだぁ」と気分が高揚し、ちょっとした安心感を感じるはずです。そしてその気持ちを持ったまま会議が始まると周囲の人は「いつもより明るいなぁ」と感じてしまうのです。

 

あなたがどれほど気持ちを隠しているつもりであっても、分かる人にはすぐ分かってしまうためバレるまでに時間はそれほどかかりません。もしどうしても気分が高まってしまうようであれば、どうでもいい人と接するような接し方を意識して話してみましょう。

すぐに相談に乗ったり頼ったりする

すぐに相談に乗ったり、仕事を頼んだりするだけで好意がバレてしまう可能性があります。なぜなら好意がある相手にはなるべく共通点や同じ時間を過ごしたいからです。

 

この理由から本当は自分で解決できそうなことでも好きな男性社員に頼ってしまったり相談を持ちかけてしまいます。声を掛けられた男性の方も頼られている事実が嬉しく、ついつい相談に乗ったり頼られてしまいます。

 

そのような光景をずーっと見ている他の社員は「あの人、絶対に〇〇くんのことが好きだ」と確信します。もしバレたくないのであれば本当に困っている時以外は声をかけないようにしましょう。それだけで周りの人に好意がバレる可能性はグーッと低くなります。

ボディタッチがある

ここまで来ると分かりやすいレベルの話ですが、女性から男性へのボディタッチが頻繁にあると好意があると思われやすいです。ここでのボディタッチとは「偶然、身体が当たってしまった」という事ではなく、意図的に女性の方から男性の肩などに触っているような容姿を指します。
女性のボディタッチには触る場所によって意味合いが変わって来ますが、特に多いのは腕や肩でしょう。
もしほかの会社の人たちに好意があることを知られたくないのであれば、少なくてもボディタッチをするのは止めましょう。

好意がバレバレな行動【男性の場合】

好意がバレバレな行動には男性特有の行動があり、ここから紹介する行動をしている男性は会社内で特定の女性に好意があることを指し示していることを意味しています。

 

もし以下の行動に当てはまっているのであれば注意をする必要があるでしょう。

飲み会によく誘う

男性社員が特定の女性社員ばかりを飲み会に誘うようなことがあれば、その女性社員に好意があると思われてしまいます。なぜなら二人きりの飲み会というのは、ある程度仲の良い人とでしか女性は安心して行くことができませんし、恋愛関係になりたいのであれば飲み会の中で距離を縮めた方が良いことを男性は知っているからです。

 

もちろん、他の女性社員であってもお酒を交えた食事の方が恋愛関係になりやすいことは知っています。これらの理由から「飲み会に誘う=好意がある」と思われてしまいます。他の社員の方に勘違いをされたくない、もしくは好意があることを知られたくないのであればしつこく飲み会に誘うのはやめましょう。

「ちゃん付け」で呼んでいる

特定の女性社員を「〇〇ちゃん」という風にちゃん付けで呼んでいる男性は、間違いなく好意があると言えるでしょう。明確に分かりやすい点として「他の人にはさん付けなのに一人の女性だけをちゃん付けしている」という点です。もうこれは十中八九、好意があると言えるでしょう。

 

実際にプライベートでこっそりと交際していたとしても、会社内では「ちゃん付け」を止めましょう。それだけで他の会社の人にバレる確率は大きく減ります。職場恋愛と私生活をしっかりと別けたいのであれば、普段からしっかりと注意をする必要があります。

ミスや残業のフォロー

男性の分かりやすい行動の1つに好きな女性社員が何かしらのミスを起こしてしまったり、残業になってしまった時に積極的にその女性をサポートするという事です。そのミスのサポートを行ったり、残業を手伝うことによってその女性から頼られたり、仲良くなりたいといった考えがあります。

 

言い訳として「手伝っているだけ」と主張することも可能ですが、会社と言っても基本的には人とのコミュニケーションが基本で、同じ部署の人であれば「なんとなく気があるんだろうなぁ」ということを認識しているはずです。

 

もしあなたが会社の人にバレたくないと考えているのであれば、ミスや残業などのフォローを毎回せずに、たまに手伝う程度にしておきましょう。

好意がバレないようにするポイント

ここまで男女別に好意がバレるポイントを説明してきましたが、既に当てはまっているものがあれば、同僚や先輩・後輩にはバレている可能性が十分にあります。

 

ここからはどうすれば好意がバレないようにすれば良いのかについてご紹介します。

気持ちをできるだけ顔に出さない

バレないための基本的な方法として気持ちをできるだけ顔に出さないという方法が有効です。というのも基本的に顔に出している表情や行動からバレることが多いので、常に顔に出さないことを意識することによってバレることを防ぐことが可能になります。

 

周囲の人からは「急にドライになったなぁ」と思われるかも知れませんが、バレないためには必要なことだと言えるでしょう。気持ちを隠して仕事を続けるのはしんどいと感じるかも知れませんが、職場で働く以上、気持ちをコントロールしていく必要があるでしょう。

常にクールかつ無口な状態を装う

他に職場の人たちにバレないための方法常にクールかつ無口な状態を装うという方法があります。

つまり

コミュニケーションは基本的に仕事に関係するものしかしない

好きな人と接する時もテンションを上げたりしない

やることを淡々と終わらせて帰る

などのことが当てはまります。

 

このクールかつ無口な姿を装うことで基本的に「あの人は職場恋愛とは無縁そうだな」と思われることになるので、あなたがどれだけ会社に好きな人がいたとしてもバレることはありません。

 

ちなみにこの姿勢を常に取り続けていると残業を手伝ってもらいにくい雰囲気を感じ取られるというメリットがあります。あなたが「残業なんてしたくない!」と考えているのであれば、このクールかつ無口な姿は意外と有効だったりします。

関係を縮める時はこっそりと

いくらバレないようにする必要があったとしても、交際できなければ意味が無いですよね?なので交際するためにも関係を縮める必要性はあります。
ですが、その時はできるだけ慎重に距離を縮めるようにしましょう。周囲にバレることがないようにできるだけ慎重に交際まで発展させることを強くおすすめします。

社内恋愛のデメリットとは?

ここまで社内恋愛はできるだけ隠すようにおすすめしている本ページですが、そこには原則として社内恋愛には大きすぎるデメリットがあるからです。「私個人の人生だから会社は関係ない」と考えるかも知れませんが、同じ会社に属している人同士だから交際に至ってはいけないということがあります。

 

ここからは社内恋愛のデメリットについて解説していきます。もしあなたが本気で好きな人がいるのであれば、以下のデメリットを考慮して考える必要があります。

周囲からバッシングを受けるかも

あなたが属している社風にもよりますが、会社の社風によってはバッシングを受けてしまう可能性があります。そこには2つの理由があり

1・会社の人が他人の恋愛に対して過剰に反応する
2・そもそも会社との契約書に恋愛禁止の示唆する文がある

というものです。

 

1つ目の理由に関してはあなたの職場周りの人たちの問題なのでこのページで交際がバレてからの反応しか分かりません。

 

問題は2つ目の理由で、会社によっては社員同士の恋愛を禁止にしている会社があるのです。その理由としては会社内の風紀が乱れたり、恋愛関係のトラブルから会社の利益に損失が出る可能性があるなどの理由が挙げられます。

 

どちらか片方でも該当している場合でも恋愛関係にあることがバレてしまうだけであなたがバッシングの的になる可能性は十分にあり得ます。

仕事がしにくい

次の理由として「仕事がしにくい」という点が挙げられます。上記で説明したような問題がなかったとしても、会社は基本的に人間関係の上で成り立っている組織です。なので人によっては恋愛関係にあるあなたに嫉妬心を持つ人がいたり、嫌がらせをしてくる人もいるでしょう。

 

その人達が何もしてこなければ問題ありませんが、あなたに仕事を押し付けたり、ミスをあなたのせいにするなどの仕事のやり辛さは感じてしまうかもしれません。

部署に異動させられる可能性も

あなたが会社内の人間と恋愛関係なり、契約書の内容に会社員同士の恋愛禁止の文面が無かったとしても会社の方針としては「会社に私情を持ち込まないでほしい」というのが本音だったりします。破局してギスギスした関係を会社内でも広められたら他の人が気を使ってしまいますし、損失を被る必要は会社にはありません。つまり、恋愛関係が会社にあることは悪い部分はあっても良いことはありません。
ある程度の決定権のある人物であれば、部署異動を下す可能性も十分にあります。もし異動が嫌なのであればできるだけバレないようにする必要があります。

まとめ:会社では基本的に気持ちを隠そう

ここまでの内容を読んでみて会社内恋愛についてどう感じましたか?基本的に会社内恋愛はあまり良いことはありませんが、会社によっては社内恋愛に後押しするような会社もあります。そのため一概に会社内恋愛はダメというワケではありません。

 

だたし一般的にはバレてしまうメリットはあまりないと言えるでしょう。なので基本的に会社では気持ちを隠して仕事に務めることをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!