注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

本を読む人の特徴とは?実は本を読む人と読まない人の差は大きい!

本を読む人と読まない人には大きな差が出る?

あなたは本を読むことを日常的に行っていますか?実は本を読むのと読まないのでは生活に大きな差が出てくることが判明しています。

 

もしあなたが今の生活に満足していない、もしくは今のお給料よりも高いお金が欲しいと考えているのであればこの記事を最後まで読むことをお勧めします。この記事であなたの今後が大きく変わる可能性すら大いに有り得ます。

 

また、この記事の最後のページに読んでおきたい本についてもご紹介しています。

本を読まない人の割合とは?

あなたは一ヶ月にどれくらいの本を読んでいますか?多くの方が「一冊も読んでいない」と答える人が大半だと思います。実は一ヶ月に一冊も本を読んでいないことは珍しい話ではなく、日本人の多くが読んでいないと答えているのです。

 

ここからは2014年に文化庁が発表したデータをもとに日本人の平均的な読書量について解説をしていきます。

一ヶ月に1冊も本を読まない人の割合は47.5%

一ヶ月に1冊も本を読まないと答えた人の割合は47.5%にもなるというデータがあります。つまり、国民の半分は月に1冊も読んでいないということになります。これには様々な要因があると言われていますが、読書離れが加速していることは間違いないと言えます。

 

また読書離れが進んでいるのは若者だけに限らず、全年齢層で読書離れが起こっているのです。スマートフォンの普及によって多くの人が読書をすることなく、スマートフォンゲームやSNSを利用するようになったことが関係していると語る研究者もいます。

 

いずれにせよ、日本国民の多くが読書をしていないことは事実であると言えます。

一ヶ月に1冊の本を読む人の割合は34.5%

一ヶ月に1冊から2冊の本を読む人は34.5%であるというデータがあります。これに該当する人の多くが興味のある本が出版されたから読む、話題になった本を読む、安かったから本を購入して読んだといった理由が多いようです。

 

同時に文化庁によるとこの読書の数は少ないとされています。

 

そしてこの冊数しか読まない人の多くがは「これ以上の本は読まない」と回答しているため、これ以上の読書は見込めないしています。

 

一ヶ月に3冊以上の本を読む人の割合は17.9%

一ヶ月に3冊以上の本を読む人の割合は17.9%となっています。中には一月に7冊以上もの本を読む読書家もおり、割合は3.6%ととても低い割合になっています。

 

本は読めば読むほどに知識量が増えていくものなので、本を読んでいない人と読んでいる人の距離がどんどん話されていくことは目に見えてわかる事実だと言えます。

 

しっかりと本を読んでいる人がどれほどの知識を毎日獲得しているか認識していただけたと思います。

本を読む人と本を読まない人の差は?

 

本を読む人の割合は「日本人の多くが読書をしていない」ということを認識していただけたと思います。ですが、それと同時に読書離れが進んでいることも認識していただけたと思います。

 

ここからは本を読む人と本を読まない人の差についてご紹介します。本を読む人と本を読まない人にはどのような差が生まれるのかについてご紹介していきます。

勉強量の差

本を読む人と本を読まない人の差に勉強量の差があります。読む本によっても変わりますが、本を読むことで得られる知識や情報、ノウハウはとても多いのです。

 

本を全く読まない人が知らない事を本をたくさん読んでいる人が知っているという事例はたくさんあります。また読書をすることによって「なんでそんなことまで知ってるの?」という知識を頭に入っていたり、応用を利かせたりすることもできます。

 

このように本をたくさん読むだけで勉強量に大きな差が生じてくるのです。それだけ本から得られる知識や情報、ノウハウは大きいのです。

仕事の出来・効率性

本をたくさん読むことは「仕事の出来」や「仕事の効率性」にも大きく影響してきます。

具体的なことで言うと

本で得た知識で書類の欠点を補完する

マインドマップやフレームワークで仕事を効率化

論理的な思考に基づいたプレゼン

などが挙げられます。

 

あなたの職場にも「あの人って、なんであんなにたくさんのプロジェクトを動かせるんだろう」と思ってしまうような人はいませんか?全員に当てはまることで有りませんが、少なくても本を読むことによって、あなたもそのような人物になれる可能性は大いにあると言えます。

 

ここからも分かる通り、本をたくさん読むだけで仕事を効率的できたりクオリティを高めることができるようになるのです。

集中力にも大きな差が出る

たくさんの本を読むことによって集中力を得られることができます。読書は基本的に集中しなければ内容が頭に入らないため、集中力を鍛えるという意味合いでも効果があるのです。

 

本を読む人はたくさんの仕事を終わらせることができると先述しましたが、いくら知識やノウハウがあっても集中力がなければたくさんのプロジェクトをマルチタスクに行うことは不可能です。マルチタスクを行うためには知識やノウハウといったことと同時に集中力も必要となります。

 

本を読む人は集中力を自在にコントロールすることができるため、成果を出しやすいのです。また本を読まない人と比べても集中できる時間や質が大きく異なるため、本をたくさん読んでいる人の方が圧倒的に良いと言えるのです。

 

読書をする人は年収も増えるという事実がある

読書は知識を増やす・集中力を良くするといったことだけに限りません。実はたくさんの本を読んでいる人の方が年収が大きい傾向があると言うデータが存在しています。

 

ここからは「なぜ本を読むことによって年収が増えるのか」について解説をしていきます。

読書で得た知識を仕事で活かすことができるから

たくさんの本を読む人はそれだけでたくさんの知識を持っている人になります。そして知識を仕事に活かすことができるため、優秀な人材として扱われることが多いです。

 

特に知識の多い人は会社内でも高給取りが多い「企画部」に配属されることが多いです。また本をたくさん読む人は企画においても持ち合わせている知識を思う存分に活かすことができるため昇格もしやすいと言われています。

 

また知識が多い人は会社に依存する必要がありません。フリーランスや事務所など独立するという選択肢もあります。独立すると会社に搾取されることもないため、かなり高い手取りを獲得することができます。

文章力が高く、プレゼン能力も高い

読書は知識を得るだけでなく「文章力」や「論理的な思考」を培うことができます。そのため会社に提出をする書類や企画書にも正しい日本語を用いて書くことができるため、とても読みやすく、ヒューマンエラーを起こしにくい書類を作ることができます。

 

また本で獲得した知識と本で得た述べ方を合わせるとレベルの高いプレゼンを会社に提供することができます。さらに他の人が思いもしなかったマーケティングなどを展開することもあるため、非常に優秀な人材になり得るのです。

 

これらのことが合間って前記したように高給取りになりやすく、例え何かしらの理由で離職することになっても再就職や起業しやすい人物になるのです。

会社の上層部から信用されていることが多いから

ここまでの内容で本をたくさん読む人が仕事において活躍をする人物であることは分かったと思います。ですが、本を読むことにとって「会社の上層部から信頼される」ということが起こります。

 

会社の上層部というのは優秀な人材と直接話し、どれだけ優れているのか?どれだけ論理的な思考を施すことができるのか?このようなポイントを見ていることが多いです。ですが、本を読むことによって上層部との会話を円滑に進ませることができる上に魅力的な提案ができます。

 

また上層部とのコミュニケーションも相手に不快感を与えることなく円満に繋ぐことができるため、好かれやすいことが多いです。そのため、本を読むだけで社内の評価は良くなり、昇格もしやすいのです。

 

本を読む人の特徴とは?

ここまで本を読むことで得られる様々なことや事実についてご紹介してきました。

 

では本をたくさん読む人にはどういった特徴があるのでしょうか?ここからは本を読む人の特徴についてご紹介していきます。

集中力が高い

先ほどもご紹介しましたが、本を読む人には高い集中力を持っていることがあります。

 

高い集中力は様々なことに使うことができ

高い集中力から様々な知識を得ることができる

作業や仕事が円滑に行え、効率面もいい

プライベートでも才覚を発揮する

など良い側面はたくさんあります。

 

もしあなたが「集中力を高めたいな〜」と考えているのであれば、読書から始めて見てはいかがでしょうか?

物事を考えて行動・発言することができる

本を読む人の特徴として、物事を考えて行動・発言することができます。

 

常に物事を考えて発言するため「ロジカルに物事を考えることができる」「人に不快感を与えない」「どうすれば問題解決を行えるか真剣に考えることができる」など賢才な言動が多いです。常に頭を考えて行動をしているため、冷静な人も非常に多いです。

 

反対に本を読まない人の多くが「衝動的に行動をする」「考えるよりも行動をする」といったように頭で考えるようなことをしません。それゆえに失敗しやすい傾向にあります。

 

このように本を読むことによって考える癖を付けることができるため、失敗しずらく、成功しやすいのです。

 

頭が良い

本を読むことによって常に考える癖というのが身につくため、本を読む人には頭が良いという傾向があります。これは勉強ができるという意味合いも含まれていますが、勉強以外の頭の良さも発揮できると言われています。

 

例として

物事を深く考察して、判断することができる

問題解決力が高い

「何をするべきなのか」を正しく考えることができる

などが該当します。

 

これらの知識は学校の勉強で教わることではないため、学校の勉強には価値を見出せなかったけど勉強は好きという人の多くはこれらに該当します。そのため学校の勉強ができなかったとしても、頭が良いという可能性は大いにあると言えるのです。

 

社会では学校の勉強が役に立たないという場面も多いです。その時に求められるのは知識であるため、本を読むだけで社会に適した優秀な人材になる可能性は大いにあると言えるのです。

他者の気持ちを考えることができる

読む本のジャンルにもよって変わりますが、エッセイや物語の本をよく読む人は人の気持ちを考えることができると言われています。同時に「相手が発した言葉に対して不快感を覚えないか」「どう褒めたら機嫌を取れるか」などを考えて言葉を選んでいます。

 

また本を読む人は独特な風貌の持ち主であると言われているため、かなり人徳のある人物になると言われています。そのため意外と人脈が広く、コミュニケーション能力が高いと言われることが多いです。

 

本を読む人にはたくさんの長所がある!

この記事では本を読む人にはたくさん長所があることを紹介してきました。本を読むだけで様々な良いことがある上に人間としての成長もかなり見込めると言えます。

 

周囲の人から尊敬されることも少なくないため、読書はたくさんの良いことがある最高の趣味の1つであると言えます。あなたもこの記事を読んだことを機会に読書を始めてみませんか?読書が今後のあなたの人生を大きく変えるかもしれません。

 

今では電子書籍も普及しているためスマートフォンで手軽に楽しむこともできます。特におすすめなのが「kindle unlimited」です。とても利便性が高く、たくさんの本を読むことができるのでとてもおすすめです!

 

 

『読書をする上で読んでおきたい本』

知識を操る超読書術 

死ぬほど読めて忘れない高速読書


小学校では学べない一生役立つ読書術

 

ここら辺の読書に関する本は正しい読書法を教えてくれる非常に良い本です。いきなり小難しい本を購入するのではなく、上の本から正しい読書法を身につけてから本を読むようにすると良いです!

 

あなたにオススメしたい記事!

クロードワーク

現代では様々なストレスが溢れており、日々の生活がしんどいと感じてしまう人も多くいます。しかし、誰しもが楽に生きたいと考え…

クロードワーク

あなたは自分に自信を持てていますか?女性が自分に自信を持つことはとても重要で、特に恋愛においては自信がなければ成就しない…

最新情報をチェックしよう!