注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

バレンタインにチョコレートをもらう男性心理5選!男性はどんな気持ちなのか?

 

男性はバレンタインのチョコレートに対してどう思っているのか?

2月14日になると多くの男性が「もしかして、俺もチョコレートをもらえるのでは?」と考えてしまう時になります。では女性から渡されるチョコレートに対して男性はどのような感情を持つのでしょうか?

 

この記事ではバレンタインに女性からチョコレートを貰う男性の心理にフォーカスしてお伝えしていきます。

バレンタインにチョコレートを貰う男性の心理5選!

バレンタインに女性からチョコレートを貰うと男性はどのような心理状態になるのでしょうか?さっそくご紹介していきます。

モテている気分になる

チョコレートを貰うと嬉しいと感じる理由の一つとして「モテている」という感情を味わうことができるという点が挙げられます。バレンタインにチョコレートを貰えるということは少なからず嫌われていないと考えてしまうからです。そのためチョコレートは好意の表れとも捉えることができるのです。

 

 

仮に貰ったチョコレートが義理チョコであっても男性はモテているという感覚を味わうことができるのです。そのためどんな相手からでも女性からチョコレートを貰えることは、男性として嬉しいことなのです。

新しい恋愛のスタートとなる

バレンタインにチョコレートを渡す意味としては「告白」があります。そのためバレンタインにチョコレートを貰うということは、交際していない女性との新しい恋に発展することもありえるということになります。

 

新しい恋愛が始まることに敏感なのは学生に限った話ではありません。むしろ社会人になると出会いの数は学生よりも低くなります。そのため社会人に本命のチョコレートを貰うと学生の時よりも嬉しいと感じることが多いようです。

シンプルに嬉しい

バレンタインにチョコレートを貰うことは男性の気持ちとして素直に嬉しいというものがあります。バレンタインでは職場や女友達から義理チョコを貰う機会は多くなります。

 

しかしながら、日常的に嫌々接している人に義理チョコを渡す人は意外と多くいません。そのため例え義理チョコであっても十分に嬉しいと感じてしまうようです。

 

さらに予想外な人から本命のチョコレートを貰える時があります。そのためバレンタインにおいてチョコレートを貰えるだけで十分に嬉しいことなのです。

本音を聞くことができる

バレンタインにチョコを渡し合うのはカップルや夫婦であっても行います。また普段が忙しかったり、仕事で心に余裕がなくて、お互いの悪い部分が見えるようになってしまいます。そのため本心とは違う言動をしてしまうことが多くなります。

 

しかしチョコレートを渡す際に彼女や妻からチョコを送られることによって普段は恥ずかしくて言えないことも言えるようになります。そのため夫婦やカップルで渡し合うチョコレートはお互いの愛を確かめ合うことのできる「特別なチョコレート」ということになります。

男性の闘争心に火がつく

男性は男性同士で競い合うことが大好きです。どちらが優勢・優秀かで競い合い、自身のプライドを保っています。そして男性はバレンタインでいくつチョコレートを貰えたかで競い合っていることも少なくありません。なぜなら多く貰えるほどに自身が男として魅力があるということになるからです。

 

 

そのため女性の見えないところで男性同士が貰ったチョコレートの数を話し合っているという状況も珍しくありません。それと同時に1つでも多くのチョコレートを貰うためにできるだけ男としての魅力を磨き上げようともしています。

男性の中にはバレンタインが不要と考える人もいる

ここまでバレンタインにチョコレートを貰う男性の心理についてご紹介しました。しかしながら中にはバレンタインにチョコレートなんていらないと考える人もいます。

 

なぜバレンタインにチョコレートなんていらないと感じてしまうのでしょうか?ここからはバレンタインにチョコレートを貰っても嬉しくないと感じてしまう男性の心理について解説をしていきます。

自分には関係ない

そもそもバレンタインに自分が関係ないと考えてしまう人は「バレンタインなんて関係ない」と感じてしまうようです。つまりどれほど周囲が盛り上がっていようと「他人は他人」という考えを徹底しているのです。

 

その結果としてバレンタインは自分に関係のないイベントであると考えてしまうようです。またこの考え方を持つ人はバレンタインに限らず、ほかのイベントや行事でも「自分には関係ない」という考え方をしてしまう傾向にあります。

建前だけでくだらないと感じてしまう

バレンタインは本命のチョコレートだけを渡す行事ではありません。女性が好きでもない男性に対して媚び売りや建前のためだけに渡される義理チョコがあります。

 

その行為に全く魅力を感じず、どうしてもくだらないと感じてしまうのです。またそれらの行為に対して美徳を感じることができず、バレンタインのイベントに関わりたいとは感じたくないのです。

そもそもチョコレートを欲しいと考えていない

バレンタインは基本的に渡すものとしてはチョコレートを女性から男性に渡すものです。しかしながらチョコレートを渡すタイミングを良く思っていないそうです。

 

チョコレートを渡すタイミングが学校や会社であれば「本来のやるべきことをやれ」と感じてしまうそうです。また「自分は勉強(仕事)をするために来ているのに邪魔をするな」と感じてしまうようです。

 

こういった理由からチョコレートを欲しいとは思わないそうです。

大半の男性はチョコレートを貰うと嬉しいと感じる!

バレンタインにチョコレートを渡される男性の心理について解説を行いました。多くの男性はチョコレートを貰うと嬉しいと感じるそうです。しかしながらほんの一部の男性はチョコレートを貰うことにあまり喜びを感じないそうです。

 

しかし義理チョコ・本命チョコに関係なく基本的にチョコレートを貰うと嬉しいと感じる男性は多いので、渡して損はありません。好きな男性に思いを伝えるためにもチョコレートは頑張って渡しましょう!

 

あなたにおすすめしたい記事!

クロードワーク

多くの女性から人気のある好青年と呼ばれる男性がいます。彼らは普段の言動がとても紳士的なので、幅広い層から人気があります。…

クロードワーク

あなたは愛が重い彼氏のことで悩んでいませんか?この記事では「愛が重い彼氏」と呼ばれる男性の特徴と愛が重い彼氏を上手く付き…

最新情報をチェックしよう!