注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

告白をしない男性の心理とは?好きなのに告白しないのはなぜ?

  • 2020年2月13日
  • 2020年5月30日
  • 片思い
  • 69view

なんで告白をしてくれないの?

いい関係にある男女なのにも関わらず、男性が一切告白をしてこない…。なぜか告白されない…。これらのことで悩んではいませんか?

 

現代日本ではカップルの普及率が減っており、その理由としては「男性が彼女を持たなくとも良い」という思考に至っているからと言われています。そのため草食系男子と呼ばれるような恋愛に積極的にならない男性も多くなりました。

 

この記事では告白をしてこない男性の特徴や心理についてご紹介します。

告白をしてこない男性の特徴

「なんで告白をしてくれないの!?」と頭を抱える女性は意外にも多いと言われています。その理由としては「男性が女性にそれほど美徳を感じなくなった」という点が挙げられます。

 

男性の心理を知り尽くしている女性はいませんが、この場面でもまだ告白をしないの?と考えてしまう女性は多いです。では告白をしない男性にはどのような特徴があるのでしょうか?

草食系男子

「草食系男子」という言葉が一般的になって、かなりの年月が経過しています。そして、その「草食系男子」と呼ばれる男性は年々数を増していると言われています。

 

 

また現代にはスマートフォンや格安での旅行、プチ起業といったように個人がやりたいことをできるような時代になりました。そのため、「女性と一緒にいる」よりも「自分がしたいことをする」の方が楽しいと感じてしまうのです。

 

特にスマートフォンの普及の影響は大きく、スマートフォンを使えばアダルトコンテンツをタダで見ることができます。そのクオリティもハイレベルなので、リアルの恋愛に対して「お金がかかる」「めんどくさい」と感じてしまう男性が多いようです。

恋愛の経験が少なすぎる

近年、20歳を過ぎても彼女がいたことのない人が増えています。調査によると「最初の恋愛は?」という質問で20歳と答えた割合が35%以上にもなりました。さらに30歳を超えても経験がない人も29%以上という報告もあります。

 

このように男性の恋愛経験が著しく低く、告白をする場面でも「告白をして良いのか」がわからないのです。女性との付き合い方が分からないのです。ただし、恋愛に興味はあるので、興味がない男性よりも可能性はあると言えます。

照れ屋

男性にも様々な性格があります。そして告白をできない性格の1つとして「恥ずかしがり屋」「シャイボーイ」といったものがあります。

 

告白をできない人の共通点としては、恥ずかしがり屋が多いと言われています。

 

恥ずかしがり屋の男性は自分からアプローチをかけることが苦手なので、女性に自分の思いを伝えることができないのです。その結果として、告白できずに片思いで終わるなんてことも珍しくありません。

理系学校出身の男子

理系学校には女子の数が非常に少なく、一つのクラスに女子がいない・女子がいても2、3人程度という環境下も珍しくありません。そのため女性との接し方がわからないのです。

 

さらに理系出身の男性は非常に論理的思考をしています。論理的思考でないと研究や勉強にならないからです。しかし、女性が話すことはフィーリングであることも多いため話が噛み合わないのです。

 

加えて理系の学校は男子が圧倒的に多いため「男性同士で一緒にいる方が楽しい」と思ってしまうようです。こういった理由から理系学校出身の男性は恋愛に積極的ではないと言われています。

告白をしない男性の心理

「告白は男性がするもの」という価値観は古いとも言える時代になりました。今では女性の方からの告白も増えており、絶対に男性から告白しないといけないという風潮は消えつつあります。

 

では告白をしない男性の心理はどのようなものになっているのでしょうか?ここからは告白をしない男性の心理についてお伝えします。

恥ずかしくて言えない

10代から20代前半といった若い年齢の時であれば恋愛に対してピュアな時期であり、どうしても周囲からの視線が気になってしまう時期でもあります。

 

また恥ずかしくて言えない時期が長く続いてしまうと「今更恋人って照れ臭い」と考えてしまい、結果的に告白することなく終わってしまうのです。

 

こういった理由から、恥ずかしくて告白をすることができない男性は好きな女性の前でもうまく愛情表現をすることができないのです。

振られて傷つきたくない

振られたくないと考えてしまうのは告白をする人の定めとも言えるものです。男性であっても振られたくないと考えてしまうのは必然です。

 

また男性は女性よりもプライドが高い人が多く、振られてしまえば自身のプライドはズタズタにされてしまいます。そのためどうしても「振られて傷つきたくない」と考えてしまうのです。

彼女の方から告白をしてほしい

告白をするのは男性の方からという価値観は時代とも変わってきます。そのため男性の中には「彼女の方から告白をしてほしい」と考えてしまう人がいます。これは恋愛に消極的な草食系男子であっても基本的に同じ考え方です。

 

また恋愛経験が豊富で色々な女性と交際してきた男性には経験とプライドがあり、「相手から告白させて主導権を握りたい」と考える人も少なくありません。誰にでも優しく接する男性はこれに該当することが多いです。

そもそも告白をする気がない

そもそも告白する気がないという男性も少なからず存在するという事実があります。この場合だとどれだけ期待を寄せていても恋愛関係に発展することはありません。

 

男性が告白をする気がない理由は「実は恋人がいる」「他に好きな女性がいる」「仕事に集中したい」「恋愛対象が二次元の女の子もしくは男性(ゲイ)」など様々であり、一つの理由に絞ることは不可能です。

 

近年の傾向としては「一人の時間を大事にする」という考え方も増えてきており、そのような人は恋愛に対して「めんどくさい」としか考えていないことが多いです。

意外!?女性側に告白されない原因があることも

好意に感じているにも関わらず告白をしてもらえないと悩みを抱えていることはあります。しかし告白されない原因には女性側にも問題があります。

脈がない(恋愛対象外だった)

女性は男性の態度や声色を見て脈あり・脈なしかどうかを判断しがちです。男性が自分のことを本当に好いているのか?どんな点で好きと判断したのか?

 

これらのことを思い返してみるとかなり偏った判断で「彼は私のことが好き」と判断していることがあります。そして実際に「好かれていると思っていた男性が本当は好きではない」ということがあります。

 

脈があるかないかは焦って判断しても意味がありません。冷静に落ち着いて考える必要があります。

告白無しで付き合えると思われている

近年若者の間では告白無しで付き合うカップルの割合は上昇傾向にあると言われています。男性から告白されたこともないという人も少なくありません。

 

女性からすると告白されないと「遊ばれているのではないか」「彼の中で私はどんなポジションなのか」と不安な気持ちになります。そのため「付き合っているのかの確認」をすることすら怖くなってしまうのです。

 

日本人は恥ずかしがりな気質な持ち主なので告白という大切な過程を省略したいと考えがちであると言われています。

決めかねている

告白をしない理由として「男性が告白するに決めかねている」という可能性があります。デートだけで恋人にしても良いのか判断を渋っているのです。

 

つまりデート以外にも判断材料が必要なのです。どうにかしてデート以外にも予定を作り、恋人としてどうかを判断してもらう必要があります。また普段と異なる行動で彼に新しい魅力を見出してももらうことも重要な要素の一つです。

 

ただし、肉体関係を持つことだけは避けましょう。交際する前に肉体関係を持ってしまうと「この人とは交際しなくても良い」という考えが生まれてしまい、恋人関係になることが難しくなるからです。

告白されない原因は何かしらの要因がある!

この記事では告白をしない男性について様々なことをご紹介してきました。恋愛において女性が男性から告白してほしいという気持ちはありますが、近年恋愛に対して積極的な男性は少ない傾向にあります。

 

また告白をされない原因には何かしらの要因があることも忘れてはいけません。その原因は男性側にあるのか、女性側にあるのかは人によって異なるのでそれぞれで解決をする必要があると言えます。だから男性に対して「告白してくれないの?いくじなし」といった暴言を吐くことはやめましょう。男性なりの告白できない事情があるはずです。

 

どうしても恋愛関係になりたいのであれば「女性のあなたから告白をする」という手段が最も効果的かつ短時間で済みます。昔からあるような男性から告白しなければならないという認識は時代の流れにより、古いと言われるようになりました。なので女性のあなたから告白をしてみてはいかがでしょうか?

 

あなたにおすすめしたい記事!

クロードワーク

好きな男性がいるにも関わらず、なかなか告白することができずに悩んでしまう…。片思いという感情は非常に辛い感情です。なぜ片…

クロードワーク

好きな男性と一緒にいる時、できるだけたくさん会話をしたいと思います。しかし、その思いとは反対に緊張して話せないと頭を悩ま…

最新情報をチェックしよう!