注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

【貯金したいあなたにおすすめ!】お金のかからないデートスポット15選!

あなた
お金を貯金したいけどデートもしっかりと楽しみたいな。でもデートすると基本的にお金がかかっちゃうし、お金の消費を抑えるとデートが全く楽しくないものになっちゃうしなぁ…。どうにかしてお金の消費を抑えつつ、楽しくデートができる方法って何かないかな?
あなたはこのようなことを考えていませんか?
デートに出かけると基本的にお金を使ってしまいがちになります。それは楽しさ故に財布のヒモが緩くなったり、入場料や食費などでお金がどんどん減ってしまうことでしょう。
このページではできるだけお金を使わないで住むデートスポットとデートで無駄にお金を消費しないための節約テクニックについてご紹介します。

そもそも一ヶ月のデート費っていくらくらい?

デートをするといってもそもそもデートで使える金額がどれくらいなのかという疑問が出てきます。これは収入や就いている仕事、学生か社会人かの違いなどで様々ではありますが、基本的に2万円から4万円の間と言われています。

 

学生であれば主な収入源はアルバイトになることが多いですが雑費や食費などを引いて考えると妥当な金額ではないでしょうか?社会人であっても若い年齢であればそれほど高い収入は得ていないことがほとんどなので家賃や食費などを引いて考えると自由に使える金額は社会人とそれほど変わらない金額になってくるのです

 

このページではできるだけお金を使わないで楽しくデートできる方法についてまとめてご紹介します。お金を貯金するためにも毎度お金のかかるデートではなく、消費の少ないデートをしてみませんか?

1・家でまったりと家デート

デート費:なし

お金を使わないデート方法で有名なのがどちらかの家で集まり、ゆっくりと過ごすことではないでしょうか?家デートは特にリラックスしやすいデート方法の1つでお金を使うこともないのでお金を使いたくない人にピッタリなプランです。

 

ただ毎回家デートをしてしまうとマンネリ化しやすいので、時々家デートをする程度がおすすめだと言えます。ですが、お金もかからない上に人の目を気にすることなくイチャイチャできる最高のデートプランの1つであることに違いありません。

2・景色が抜群な海デート

デート費用:なし。もしくは海に行くまでの交通費やガソリン代

次にオススメなのが景色が抜群な海デートです。海の浜辺に訪れて、景色を眺めたり食事をするだけで立派なデートプランになりえること間違いありません。また海は時間帯によって美しさや雰囲気が変わるので同じ風景で飽きるという事になりにくいです。

 

それ以外にも夏であれば水着を着て海水浴をすることができたり、足だけ海に入れることもできます。訪れる時間によってはしっかりと遊ぶことができます。持っていくものによっては様々な遊びで楽しむことができます。

 

ただし夏に行くと意外と遅い時間でも人がたくさんいますし、冬であれば浜辺は寒いです。なのでオススメな時期は春か秋に訪れることをおすすめします。

3・自然公園で癒やされながらデート

デート費:なし。もしくは少しの入園料

自然公園でのデートもお金のかからないデートスポットの1つです。日本にはたくさんの庭園や自然公園があり、園内には様々な植物が植えられています。美しくもいい香りのする花や植物が多数並んでいるので、リフレッシュ効果もあります。

 

冬の時期であってもビニールハウスや暖房が使われていることも多いので意外と温かいことが多いです。さらにそれらの自然公園にはベンチや飲食可能な広場が用意されていることが大半なので休憩やランチを食べることも可能です。

 

自然公園をする最大のメリットは入館料がとても安いということです。大人であっても入館料が500円程度に設定されていることがほとんどなので少ない出費で訪れることができます。

4・意外と穴場スポットの多い夜景デート

デート費用:夜景スポットに訪れるまでのガソリン代や交通費

次におすすめしたいのが美しい夜景を堪能できる夜景デートです。夜景を見るスポットと言えばタワーやホテルの屋上、展望台などをイメージしてお金が必要になりそうですが、実はタダで景色を堪能できる夜景スポットというのも存在しています。

 

例として山側にある公園や高台などが無料で夜景を見れるスポットになります。意外にもすぐに訪れることができるスポットもたくさんあるので検索してみる価値は十分にあると言えます。こうした穴場スポットを見つけるだけで大きな節約に直結します。

5・動物に囲まれる幸せを感じられる動物園デート

デート費用:動物園に行くまでの交通費とわずかな入館料

あなたとあなたの恋人は動物が好きですが?もし動物が好きな者同士のカップルであれば動物園デートもおすすめです。デートの定番スポットとも言える場所の1つでもありますが、コスパが良い上に意外にも癒やされます。

 

生き物を見る点で言えば水族館もありますが、水族館は水の管理が厳しくお金がかかります。そのため入館料がやや高めの金額設定になっているので、コスパの良さで言えば動物園の方が良いです。しかも動物園は意外と広く、1日中デート出来るスポットでもあるため長い時間滞在することができます。

 

さらに動物園によっては触れ合いコーナーもあるのでウサギや鳥などに触れることもできます。なかなかできない体験を動物園でできるので大人の方でも楽しめます。

6・テンション高めにデートするならカラオケデート

デート費用:交通費とカラオケ料金

基本的にデート費を抑えるプランだとゆったりとしたものが多いですが、人によっては「テンションを高めてデートしたい!」と考えるかもしれません。そういう人にオススメなのがカラオケデートです。

 

カラオケデートはしんみりする曲を歌わない限りテンションの高い状態でデートができます。また基本的にドリンクバーであれば飲み物は飲み放題ですし、お店によってはドリンクコーナーにちょっとしたお菓子を自由に食べられる場所もあります。

 

フリータイムやサービスタイムであれば5時間程度楽しむことができるでしょうただ週末や休日は高い値段設定が設けられているので基本的に平日限定の手段だと言えます。

7・普段と違うデートを格安で!イベントデート

デート費用:会場に行くまでの交通費

あまりお金を使わないデートプランの1つとしてイベントデートがあります。イベントデートとは何かしらのイベントが開かれている会場に訪れてショーやライブを楽しむというデートです。

 

特におすすめしたいのが花火やフェス、イルミネーションです。いずれも盛り上がるエンターテインメントなので盛り上がること間違いなしです。またいずれのイベントも無料で見ることができます。

 

イベントで盛り上がる上に財布にも優しいのでお金を使いたくない人にとっては嬉しいデート方法です!

8・好きなように時間を使えるネカフェデート

デート費用:交通費とネットカフェの利用料金

好きなように時間を使えるデートとしてネットカフェデートがあります。ここで紹介する数々の節約デートの中でも比較的高額な部類ではありますが、最大のメリットとしてまったりと時間を好きなように使えるというメリットがあります。

 

ネットカフェに入ってしまえば漫画読み放題、ドリンクバー飲み放題、Wi-Fi使い放題、少し狭いですが寝転ぶこともできます。あなたは自由な過ごし方ができますし、恋人も自由な時間を過ごすことができます。しかも個室は狭めなのでドキドキすることもあるかもしれません。

 

ただカラオケと同様に土日や休日は平日よりも高い値段設定になっているため、ネットカフェデートも平日を狙って行うのがいいでしょう。

9・教養を身に付けることができる博物館デート

デート費用:博物館までの交通費と入館料

デートの出費を抑えつつ教養を身につけることができるデートスポットとして「博物館デート」があります。天候に左右されることもなく、しかも図書館のように私語厳禁というわけではありません。さらに、入館料さえ払ってしまえば何時間でも滞在することができます。

 

博物館では様々な展示品もあるので興味深い物や面白いものがたくさんありますし、話題にも困りません。話題に困ることのないおすすめのデートプランであると言えます。

10・山の偉大さを感じられる登山デート

デート費用:山に行くまでの交通費

自然を感じるデートとして登山デートもおすすめです。アクティブに体を動かすことが出来る上に街では味わえない新鮮な空気を味わうことができます。舗装されている道が多い登山道であれば、あまり体力に自信のない女性でも気軽に登山することができます。

 

ポイントとしては、あくまでデートなので比較的近場で登りやすい山を選択しましょう。遠出の山を選んだり厳しい登山道を選択してしまうとデートにならず、恋人がギブアップしてしまうこともあります。なのであくまでデートであることを念頭に山を選ぶようにしましょう。

 

ちなみに女性側としては海よりも山を選ぶ方が日焼けの心配がない上にオフシーズンであればあまり人がおらず、二人っきりで楽しむことができるので嬉しかったりします。

11・外に出かけるならサイクリングデート

デート費用:なし

外に出かけるデートとしてサイクリングデートもおすすめです。サイクリングデートは二人で自転車に乗ってゆったりと進みながら景色を楽しんだり、会話を楽しむことができます。比較的お金を使わないデートプランではありますが、お互いに自転車を持っていれば実質タダということにもなります。

 

景色のいい場所で風を感じながら楽しいデートができるので、かなりオススメのデートプランです。

12・共通の趣味があるなら聖地巡礼デート

デート費用:聖地に行くまでの交通費

このプランはお互いに共通した好きなことがあるカップルに限定されてしまいますが、聖地巡礼もおすすめです。というのも基本的にかかる費用は交通費だけなので、水筒などを持参すればそれだけで節約になります。

 

さらに有名なアニメや漫画、劇などの聖地であれば1日乗り放題チケットなどがあり、それさえ購入すれば交通機関が乗り放題というお得なものです。共通の趣味であれば会話も弾むこと間違いなしなので楽しいデートになること間違いなしです。

13・普段見ることができない裏側を見れる工場見学デート

デート費用:交通費と見学料

事前にチケットや抽選をしておく必要がありますが、お金のかからないデートプランとして工場見学ツアーがあります。普段何気なく使っている物や食べている食品がどのような経過を経て作られているのか知ることができます。普段見ることのできない部分でもあるので興味深い内容になっています。

 

また基本的にツアー形式なのであなたが事前に何か調べておくこともありません。あなたと恋人は当日時間通りに集まってツアーに参加すればOK。ツアーが終わった後も会話に困ることもないでしょう。

 

工場見学の内容にもよりますが、ツアーによっては何かしらの特典があったりお土産を貰えることもあります。それらも嬉しい気分にしてくれる品なので満足できるはずです。

14・緩やかな時間の流れを感じられる釣りデート

デート費用:交通費と釣り場利用料金

あなたは緩やかな時間を恋人と過ごしながらデートしたいと考えていませんか?もしそのようなデートを過ごしたいと考えているのであれば「釣りデート」がおすすめです。

 

釣りをしながらデートというのはゆっくりとしたデートを楽しむことができる上に本格的な釣りでなければ比較的簡単に釣りができます。また釣れない時は恋人とお話できますし、釣れた時はテンションが上ります。1日中デートできるデートプランなので長時間のデートにおすすめだと言えます。

15・あまりお金をかけずにプチ旅行!日帰り旅行デート

デート費用:温泉に行くまでの交通費と入館料のみ

このページでは様々なお金をかけないデート方法についてご紹介していますが、たまにはちょっとした旅行に出かけたいと思いませんか?そこでおすすめなのが日帰り旅行です。他のデートプランよりは高額になりがちですが、それでもコスパの良いデートだと言えるでしょう。

 

日帰り旅行とはその日に行って帰ってくることのできる距離を旅行先に選び、観光地先で温泉やちょっとだけ観光して帰ってくるようなデートプランになります。温泉の場合男女別々になってしまいますが、休憩所やマッサージなどで休むことができます。日帰りプランを想定したホテルもありますので、そういったプランを使えば浴衣を着て散歩することもできます。

 

しっかりと旅行気分を味わえる素敵なデートプランです。

デートでなるべくお金を使わないためのコツ5選

ここまでできるだけお金を使わずに楽しくデートができるデートプランについてご紹介してきました。基本的に上記で紹介したプランであればショッピングデート等よりも出費を抑えつつデートすることができますが、さらにデート費を抑えるためのコツがあります。

 

ここからはデート費をできるだけ抑えるためのコツについてご紹介していきます。これから紹介する方法を使えばよりデートに使うお金を抑えることができるので、出費は抑えることができるはずです。

移動時間はできるだけ短縮する

デート費を抑えるための方法の1つとして「移動時間をできるだけ抑える」という方法があります。移動時間が長いと交通費が高くなりますし、途中で喉が乾いて飲み物を購入してしまう可能性が高くなります。たまたま良い雰囲気のレストランを見つけてしまい、デート費を抑えるためのデートがレストランで食事をしてしまい結果的に高い出費になってしまうことも。

 

更に移動時間がただ長いだけだとデートは楽しくありません。最初は会話することが楽しくてもだんだん飽きてくるに違いありません。

 

それらの可能性があるためできるだけ移動時間は短めにすることをおすすめします。

集合時間は遅めに昼からデートを始める

集合時間を遅めに昼から開始することでデートにかかるお金を抑えることができます。というのもデートで大きな費用の1つであるランチ代を家で食べることによってお金を抑えることができるようになります。ですが家でご飯を食べて午後に集合し、晩ごはん前に解散するのはカップルとして不自然なのでディナーは一緒に食べるようにしましょう。

 

午後に集合し、そこからフルで遊ぶという方法だけでランチ代でかかるであろう2,000円程度の金額が抑えられるでしょう。いつも奢っているような人からすればありがたい方法です。

デート先での目標をしっかりと決めておく

お金を抑える方法の1つとして「デート先の目標をしっかりと決めておく」ということです。デート先でやることがブラブラと色々なお店を周るという目標は実はお金を使いがちになるデートプランで、大きなものを購入していなくでも小物をちょっとずつしていることがあります。

 

そのような無駄な出費を抑えるためにも「デート先での目標をしっかりと決めておく」という方法が有効になっていきます。今回のデートでは〇〇するぞ!と決めておくとそれ以外にかかるお金をできるだけ抑えようとするので意外とおすすめの方法です。

クーポンやキャンペーンを使う

お金を抑える方法の1つとしてクーポンやキャンペーンがあります。クーポンやキャンペーンはそもそもお客さんをたくさん呼ぶために用意されているものであり、お金を抑えてデートする上でも都合が良いサービスであると言えます。

 

クーポンを使う男性はダサい!という風潮がありますが、気にすることなく使いましょう。むしろ、ある程度教養のある人であれば「この人、お金を管理する力がしっかりあるんだな」と思われて好評価を得ることも少なくありません。

 

クーポンやキャンペーンを使うだけで時には1,000円以上の出費を抑えることもあります。使えるものはしっかりと使ってしまいましょう!

お弁当を持参

最後にオススメなデート費用を抑える方法としてお弁当を持参するという方法があります。「デートを午後に開始する」という方法をおすすめしましたが、デートの内容によっては丸1日かかるデートもあります。そういったデートでは午後に開始することはできません。

 

そういった時はお弁当を持参することでお昼の食事を抑えることが可能です。デート当日にお弁当を作るのが面倒であればデート前日の晩御飯を多めに作っておき、食べ終わる前にお弁当に詰める分をタッパーに入れておけば時短にもなります。

 

ただデート先の場所によってはお弁当を持っていること自体が不自然であることもあるのでどんなデートでも使える節約術ではないことを認識しておきましょう

デートを格安で楽しめる方法はたくさんある

このページでは様々な方法でデートで使うお金を抑える方法についてご紹介してきました。どのデートプランや節約術もお金を抑えることが出来るオススメの方法ですが、デートが毎度お金のかからないものだと恋人に「俺(私)にはお金を使うことができないってこと?」と思われてしまうのでたまにはしっかりとお金を使うようなデートをすることをおすすめします。

 

ただ恋人に「なぜお金を抑えたいのか?」をしっかりと説明してみれば、人によっては理解されますし協力してくれる人もいるでしょう。このページで紹介した方法を使う前に「なぜ出費を抑えたいのか?」について話してみるのも良いかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!