注目キーワード
  1. デート
  2. 男性
  3. 恋愛
  4. カップル
  5. 女性

喧嘩をしたカップルが仲直りするための方法4選!

 

この記事を読むメリット

恋人と喧嘩しても、仲直りすることができる

今の恋人と別れることを防ぐ事ができる

どうやって仲直りをしたらいい?

彼氏と付き合っていると、必然的に喧嘩をしてしまう時があります。喧嘩の原因がどちらかにあることもあれば両者にある時もあります。

 

ですが、喧嘩は本音で話し合えているということでもあります。また喧嘩をすればより彼氏のことを知る事ができると言えます。さらに好きだからこそ自分のことを知って欲しくて喧嘩まで発展する事があります。なので一概に喧嘩が無駄ということではないのです。

 

 

この記事では女性が悪かった時の仲直りの方法についてご紹介します。

素直に謝る・自分の悪いところを認める

喧嘩まで発展した際、考え直してみて自分に非があるのであれば「素直に謝る」もしくは「自分の悪いところを認める」ということをしましょう。

 

素直に謝るポイントとして「好きだからついつい酷いことを言っちゃった」「これからも一緒にいたいから」などの普段言えない言葉と一緒に伝えるようにしましょう。

 

日常的にあまり本音を言えていないのであれば、仲直りを機会に一緒に言ってあげるようにしましょう。彼氏の心に響けば、二人の関係がより良くなる時もあります。

彼氏を顔を立てる

仲直りする方法の1つとして「彼氏の顔を立てる」という方法があります。これは喧嘩をしてしまった時に傷つけた彼のプライドを治すためにも必要なことであると言えます。

 

言い方としては「あなたの優しさに頼りすぎてごめんね」「優しくてつい甘えちゃって言い過ぎちゃった。ごめんね」といった言い方が効果的です。

 

彼氏のプライドを修復しつつ、仲直りができる方法となっています。

ポジティブな将来の話をする

仲直りをする際にポジティブな将来の話をすると彼氏の心に「もう一度やり直したい」という気持ちを持たせる事ができます。なぜやり直したいと思わせる事ができるかと言うと、「また彼女と一緒にいろんな所に行きたい」「楽しい思い出を作りたい」と考えることになるからです。

 

この方法のポイントは「ネガティブな話はできるだけしない」「過去の楽しいエピソードを持ち出す」ということです。とにかく楽しい考え方を彼氏に持たせるようにしましょう。

 

 

楽しい話をたくさん持ち出すことによって喧嘩をしていたような殺伐な雰囲気をどこかに吹き飛ばす事ができるので、続けて次のデートを決めるなんてこともできます。

ある程度距離を置く

ものすごく大きな喧嘩にまで発展し、言い争いが止まらないような状況であれば、ある程度の距離を置くことをおすすめします。なぜなら距離を置いてでも頭を冷やす時間がお互いに必要だからです。

 

お互いに冷静になった後で話し合い、謝る事ができれば仲直りする事が出来るようになります。

 

逆に言うと「冷静じゃない状況でいくら彼氏と話をしても意味がない」ということです。あなたが彼氏がいない時でないと「私のどこが悪かったのか」「なんで彼氏の気持ちを分かろうとしなかったのか」といった考え方をすることはできません。

 

彼氏も同様に彼女がいない状況じゃないと「俺のどこがいけなかったのか」「彼女がいないと寂しい」といった思考にならないのです。こういった意味で距離を置くことは非常に重要であると言えます。

喧嘩をした時にやってはいけないこと

喧嘩をした時はお互いに感情が非常に高ぶっている状態になります。大声を出す時もあれば、怒りで何も考える事ができなくなってしまうこともあります。

 

 

ですが、喧嘩をしている時でも以下のことはできるだけしない方が良いと言われています。喧嘩がヒートアップする上にあなたと彼氏の両者が傷つくことになるからです。ここからは喧嘩をした時にやってはいけないことをご紹介します。

意地を張っていること

意地を張ってしまうとどうしても関係が悪くなってしまい、仲直りをするタイミングがなくなってしまいます。そのため仲直りするまでの期間が長くなってしまったり最悪の場合別れることにもなり兼ねません。

 

また意地を張り続けていると彼氏・彼女の関係であっても「この人、幼いな〜」と感じてしまい、そのうち気持ちも薄れていくようになります。

 

何よりも大切なのは「自分に悪かった部分があるのであれば、素直に認めること」です。プライドを高く持つだけでなく、時に折れて素直な一面を見せるようにしましょう。

言いたい事を我慢をする

言いたいことがある場合には我慢しないで、はっきりと言うようにしましょう。喧嘩はある意味、本音を語り合える状況でもあります。そこで言いたいことを我慢をすると不満が後々になって爆発する事があります。

 

後になって彼氏に対しての不満が爆発したとしても彼氏からすれば「今更そんなこと言われても」と言うのが本音になります。言いたいことを言わなければ、同じような喧嘩をしてしまうことになってしまいます。

 

 

喧嘩の堂々巡りはカップルにとって良いことではありません。お互いに感情が冷めてしまうので言いたいことははっきりと言うようにしましょう

話し合いを一切しない

仲直りをする方法として「距離を置く」という方法を紹介しました。しかしながら彼氏と話を一切しないという環境はやめるようにしましょう。具体的にいうと連絡先の削除無視といった事が上げられます。

 

絶縁状態になると彼氏の方も話しかけにくい状況になります。すると話し合う機会すらなくなり、思っていることを話す事ができなくなってしまいます。さらに恋愛面においては男性が不利に働くことがあり、ストーカーなどという噂が出回ると社会的な立場が悪くなります。なのであなたがある程度話かけやすい状況を作る必要があります

 

話すことができない期間が長期間になればなるほど、すれ違いが拗れてしまい、修復が不可能なことになる時があります。気まずかったり、上手く話せなかったりしても仲直りをしたいのであればしっかりと話せるような環境、雰囲気を作るようにしましょう

一方的に喋り続けない

彼氏との喧嘩の際に「あなたが一方的に話をする」という状況は良くない状況だと言えます。なぜなら仲直りには基本的に彼氏と彼女の会話が必要不可欠だからです。

 

ですが一方的に喋り続けると彼氏が思いや考えを伝える事ができなくなってしまいます。また、一方的に不満を言い続ける彼女の姿は彼氏の目に良いように映りません。

 

あなたが一方的に喋り続けるようなことはせずに、彼氏にも発言権を渡すようにしましょう

彼氏と喧嘩をしても解決策はある!

多くの恋愛系の情報サイトではカップルが修復することは難しいとしています。しかしながら、彼氏と喧嘩をしても仲直りをする方法はあります。そして、修復する上で一番重要なのは「話し合いをすること」です。なので喧嘩をしていても話し合いができるような環境を作るようにしましょう。

 

また、彼氏の悪いところを突き詰めるだけではなく「あなたが反省すべき点」「お互いの悪いところ」をしっかりと明確にするように心がけましょう。さらに喧嘩が長引くほど仲直りする事が難しくなります。なので喧嘩をしても3日から1ヶ月目までの間に仲直りをすることを心がけましょう。

 

二人の関係が今後も続くためにも、喧嘩をした際はぜひ取り入れてみるようにしましょう。

 

あなたにおすすめしたい記事!

クロードワーク

現代では様々なストレスが溢れており、日々の生活がしんどいと感じてしまう人も多くいます。しかし、誰しもが楽に生きたいと考え…

 

クロードワーク

あなたは自分に自信を持てていますか?女性が自分に自信を持つことはとても重要で、特に恋愛においては自信がなければ成就しない…

 

最新情報をチェックしよう!